NTT DATA — Trusted Global Innovator

株式会社NTTデータエンジニアリングシステムズ

ニュース 2014年 プレス発表

建設・エンジニアリング業/受注生産型製造業に特化した
基幹業務ソリューション「Project-Space」を提供開始

~業種に必要な機能を標準装備することで、短期導入、運用コスト低減を実現~

株式会社NTTデータエンジニアリングシステムズ(本社:東京都大田区、代表取締役社長:木下 篤、以下:NDES)は、建設・エンジニアリング業/受注生産型製造業向け基幹業務ソリューション「Project-Space™」を2014年10月1日より提供します。

「Project-Space」は、個別原価計算対応、契約番号と工事番号の対応付け機能、工事進行基準対応などさまざまな機能を標準装備しており、短期間で導入することが可能となります。また、充実したサポート体制の中からお客様が最適なサービスをお選びいただくことで、お客様による維持管理作業が軽減され、運用コストの低減も実現します。

NDESでは、Project-Spaceについて今後5年間で50億円の売り上げを目指します。

なお、本ソリューションの基盤には、NTTデータグループのERPパッケージ「Biz∫」と「intra-mart」を採用しています。

背景

NDESは、30年以上にわたり、エンジニアリング業や受注生産型製造業における、約100社にもおよぶ基幹業務システムの構築・運用を行ってきました。建設・エンジニアリング業や受注生産型製造業においては、工事番号や製造番号、契約番号にひもづく管理や、工事進行基準による売上など、管理形態が多岐にわたります。そのため、基幹業務システムについては、個別に構築する企業がほとんどで、導入・運用コストの負担がありました。

そこでNDESは、豊富な導入実績と業務ノウハウを生かし、短期導入および運用コスト低減を実現する建設・エンジニアリング業や受注生産型製造業向けERPソリューションを開発・販売することとしました。

図1.Project-Space 機能構成
図1.Project-Space 機能構成

概要(特長)

Project-Spaceは、受注、プロジェクト原価、購買、在庫、債権、債務、資産から一般会計まで8つの主要業務により構成されており、建設・エンジニアリング業や受注生産型製造業に必要な管理機能を網羅したERP短期導入ソリューションです。

導入のメリット

1. 多様な管理体系にも対応可能

プロジェクト(工事番号、製造番号)単位での損益計算、契約番号と工事番号のフレキシブルな対応付け機能※1、工事進行基準※2による管理などを標準装備しています。

※1 契約番号と工事番号の対応付けは、一対一、一対多、多対一、多対多が可能です。

※2 工事進行基準とは、工事の進行度合いに応じた収益を計上する基準のことです。

2. 短期導入とコスト低減の実現

  • 建設・エンジニアリング業や受注生産型製造業に必要な基幹業務を標準装備しているため、追加でのカスタマイズの必要性が少なく、短期間での導入が可能となります。
  • ヘルプデスクサービス(コールセンター)、オンサイトの運用支援、技術者の常駐サービスなど、充実したサポート体制の中からお客様が最適なサービスをお選びいただくことで、お客様による維持管理作業が軽減され、導入後の運用コストの低減が可能です。

3. 純国産ERPの採用

「Project-Space」のERP基盤である「Biz∫」は、仕訳入力や複数元帳の管理など日本の商習慣に対応した純国産ERPシステムです。また、日本の会計関連の法改正にもいち早く対応します。

4. 基幹系と情報系の一体動作

「Project-Space」は、国内約2500社超の豊富な導入実績を誇るフレームワークの「intra-mart」をシステム基盤としています。これにより、intra-martに搭載されたポータル・グループウェアがBiz∫アプリケーションと一体で動作し、掲示板・スケジューラーといった情報系システムと「Project-Space」の基幹系システムが区別なく画面遷移することができます。

5. Excel® を用いたデータ入力機能

受注情報や検収情報等の入力には、標準的な入力画面のほか、Excelを利用し複数件のデータを一括取り込みできる機能も標準装備しています。

6. フレキシブルな検索ツールによるタイムリーな経営分析の実現

intra-martに標準装備されている「ViewCreator」を活用することにより、「Project-Space」で入力されたデータを簡単に表やグラフ化することができます。

今後について

NDESでは、Project-Spaceについて今後5年間で50億円の売り上げを目指します。

  • 本リリースに記載されている内容は予告無く変更することがあります。
  • 「Biz∫」は、日本国内およびその他の国における株式会社NTTデータおよび株式会社NTTデータ ビズインテグラルの登録商標です。
  • 「intra-mart」は、株式会社NTTデータ イントラマートの登録商標です。
  • その他、本リリースに記載されている製品名、会社名は各社の商標または登録商標です。
  • 本リリースに記載されている内容は予告無く変更することがあります。

本件に関するお問い合わせ先

報道関係のお問い合わせ先 株式会社NTTデータエンジニアリングシステムズ
経営統括部 企画部 広報課
電話:03-5711-5315
製品・サービスに関するお問い合わせ先 株式会社NTTデータエンジニアリングシステムズ
営業本部 ERPビジネスユニット

【東京】
〒144-8601 東京都大田区西蒲田7-37-10
電話:03-5711-5345 FAX:03-5711-6972
担当:藤林
【大阪】
〒554-0012 大阪府大阪市此花区西九条5-3-28
電話:06-6468-9492 FAX:06-6468-9672
担当:佐賀

株式会社NTTデータエンジニアリングシステムズについて

NTTデータエンジニアリングシステムズは、1977年の設立以来36年にわたり製造業の分野を中心にシステム販売、サポートサービス、システム構築等々の各種ITソリューションをお客様に提案・提供しています。

今回の「Project-Space」をはじめ、付加価値の高いソリューションを今後も提供していきます。

本社所在地 東京都大田区西蒲田7丁目37番10号
資本金 1億円
代表取締役社長 木下 篤
代表電話番号 03-5711-5300

関連情報

下記の日程で「Project-Space」のご紹介セミナーを開催いたします。
皆様のご参加を心よりお待ちしております。