NTT DATA — Trusted Global Innovator

株式会社NTTデータエンジニアリングシステムズ

SIMULIA V5 ANALISYS ― リアリスティック・シミュレーション

特長

  • 非線形効果を考慮に入れた、よりリアリスティックなシミュレーションが可能です。
  • メッシングルールに基づいて、複雑なサーフェス形状に自動的にメッシュ作成が可能です。
  • 内部でAbaqusテクノロジが活用されています。
  • パーツ、アセンブリで利用可能です。

機能

ノンリニア・ストラクチャル・アナリシス(ANL)

ノンリニア・ストラクチャル・アナリシス(ANL)

ノンリニア・ストラクチャル・アナリシス(ANL)は、GPSの機能を拡張し、大変形、材料非線形といった、非線形効果を含む高度な解析を扱います。
更に、接触サーフェスを自動検出し生成する、高度な接触機能も提供します。

サーマル・アナリシス(ATH)

サーマル・アナリシス(ATH)

サーマル・アナリシス(ATH) では、従来のCATIA® V5アナリシスの機能を拡張し、設計者による熱挙動の解析を可能にします。
熱材料特性では温度依存性を考慮でき、アセンブリー解析ではパーツ間の接触面の熱伝導を指定できます。

ルールベースド・メッシング (RBM)

FEM Surface 2 (FMS)のサーフェスメッシュ機能をベースに、予め定義されたメッシュルールを用いてメッシュを生成することで、より複雑なサーフェス形状に対しても、ほとんど修正を必要とせずにユーザーが望むメッシュを効率的に得られます。

技術支援サービス

当社では、simulia-v5-analisys(Abaqus)を利用した受託解析サービスを始め、各種技術支援サービスをご提供しております。

  • ※  CATIAは、ダッソー・システムズ(Dassault Systèmes)もしくはダッソー・システムズの子会社の米国およびその他の国における登録商標です。

お問い合わせ情報

ご質問やご不明点は、お問い合わせフォームをご利用ください。