NTT DATA — Global IT Innovator

株式会社NTTデータエンジニアリングシステムズ

EOSINT/FORMIGA

Additive Manufacturingを実現する粉末積層造形システム

1. パーツの直接製作

EOS P やEOS Mなら、ごく短時間で、完全に機能する部品を製作できます。このシステムで製作した部品は、優れた機械的性質と材料のバリエーションにより、さまざまな用途と要求に応えます。
また、必要に応じて2次加工(磨き、機械加工、表面処理、塗装など)を行うことが可能で、さらに高い要求に適合させることができます。

つまり、機能性に優れた試作品を迅速に製作できる(ラピットプロトタイピング)だけでなく、最終製品(Additive Manufacturing)として使うこともできるのです。

特に、小ロットの生産において、金型などの製造ツールのコストが障害になる場合がありますが、レーザーシンタリングは、これらワンオフや小ロット及びカスタマイズ製品の生産方法としても理想的です。

レーザーシンタリングは、より柔軟であるだけでなく、より費用効率が高いので製作コストを抑えることができます。また、製品設計の最適化による一体化などで、既存工法では実現不可能な複雑な形状(アンダーカットなど)でも製品化することが可能です。

さらに、医療や歯科分野においては個人に最適化されたインプラントなどの提供が可能になり、急速に用途が拡大しています。

2. 金型など製造ツールの直接製作

EOS Mは、マルエージング鋼など金型用材料としても高い機械的性質を持つ金属粉末で3Dデータからダイレクトに製作します。複雑形状を造形できる特徴を活かし、金型の高性能化に貢献しています。

たとえば、レーザーシンタリングによる製品形状に3次元で最適化した冷却回路は、すでに一般的なものになりました。その効果は成形のハイサイクル化にとどまらず、当然ながら成形品の品質向上にも現れ、量産用金型を高性能化します。
また、材料のバリエーションも増え、射出成型用金型だけでなく、アルミダイカスト用金型にも用いられています。

一方、EOS P、FORMIGAで製作した型は、少量生産、あるいは試作の場面で大きな効果を発揮します。

たとえ試作用であっても、製品本来の工法、材料で成形したものでなければならない場合には型が用いられています。少量生産であっても、量産用と同様の品質を持つ金型が必要ですが、レーザーシンタリングは、その製作時間や費用を劇的に短期化、低コスト化します。さらに、それらの実現の結果として、設計変更にも柔軟に対応できます。

レーザーシンタリングは、すでに金型などの製造ツールを製作する技術として使用されています。

3. 製造ツールとして使用されるモデルの直接製作
~型が要らないマスターモデル~

代表的な用途に、ロストワックス鋳造で使用するワックスモデルがあります。
EOS Pは、型による成形や切削加工をせずに、複雑な形状のワックスモデルを、3Dデータからダイレクトに製作できます。

最終目的となる鋳物は、レーザーシンタリングによりポリスチレンで製作されたワックスモデルを、続く工程で使用して鋳造されます。この方法は、石膏やセラミックシェルを使用した各種鋳造法に適しています。

レーザーシンタリングとロストワックス鋳造を組み合わせることによって、数日間で複雑な鋳物を製作できます。また、真空注形のマスターモデルにも同様に使用できます。材料特性や部品への要件にあわせて適用可能です。

導入事例

下記は「人とシステム」に掲載した導入事例です。

関連情報

2017年10月24日
イベント
Simufact RoundTable Japan 2017
(開催地:大阪、名古屋、東京)
2017年07月01日
システム紹介
HANNOVER MESSE 2017
EOS社出展リポート
2017年02月15日
イベント
3D Printing 2017(開催地:東京)
2017年01月25日
イベント
第7回 AMシンポジウム 東京大学生産技術研究所(開催地:東京)
2017年01月01日
システム紹介
EOS社製3Dプリンター
造形プロセスと周辺機器について
2016年12月02日
セミナー
EOS社製3Dプリンターセミナー & 装置見学会(開催地:大阪)
2016年11月17日
イベント
JIMTOF2016 第28回日本国際工作機械見本市(開催地:東京)
2016年11月15日
イベント
Formnext powered by tct
(開催地:ドイツ・フランクフルト)
2016年11月08日
イベント
Simufact RoundTable Japan 2016
(開催地:大阪、名古屋、東京)
2016年10月12日
イベント
JA2016国際航空宇宙展
(開催地:東京)
2016年09月28日
セミナー
第4回 AMソリューションセミナー
金属3Dプリンター活用事例から学ぶ
航空宇宙分野の活用範囲と応力解析の効果(開催地:東京)
2016年07月01日
トピックス
第1回 名古屋 設計・製造ソリューション展
出展報告
2016年04月01日
トピックス
インダストリアル3Dプリンティングにフォーカスした展示会
formnextとEOSの最新情報
2016年01月25日
プレス発表
金属3Dプリンターの小型機「EOS M 100」を販売開始
2016年01月25日
プレス発表
歯科医療用金属3Dプリンターの小型機
「EOS M 100 Dental」を販売開始
2016年01月01日
システム紹介
つなぐ・ためる・わかる技術が進化した
身の回りにあるIoTとは
2015年10月07日
プレス発表
歯科医療用ハイエンド3Dプリンター
「EOSINT M 270 Dental」を販売開始
2015年10月01日
トピックス
「第3回 AMソリューションセミナー」のご報告
2015年06月23日
プレス発表
IoTを用いた製造業向けメンテナンス業務高度化の
実証実験を開始
2015年01月21日
プレス発表
ハイエンド3Dプリンターの早期導入を実現する
造形トレーニングプログラムを提供開始
2015年01月01日
システム紹介
トータルソリューションのご提案(2)
フロントローディングソリューション
2015年01月01日
トピックス
EuroMoldでのEOS最新情報
2014年10月01日
システム紹介
トータルソリューションのご提案(1)
STLの活用例
2014年10月01日
トピックス
EOS社の最新情報
2014年07月01日
トピックス
3Dプリンター振興協議会が発足しました。
2014年04月01日
トピックス
EUROMOLDで発表されたEOS社の新製品
2014年02月18日
プレス発表
世界初 3Dプリンターを用いたイヤホン量産化に対し技術協力
2013年05月07日
トピックス
AMデザインラボが大阪府箕面市船場東に移転しました。
2012年10月01日
システム紹介
AMの使いどころ ― EOSINTを用いた事例 ―
2012年04月01日
システム紹介
金型用3次元冷却水管インサートの設計
2011年10月01日
システム紹介
EOSINTニュース
2011年04月01日
システム紹介
EOSINT/FORMIGAは、モノづくりの新しい道具
2011年01月01日
システム紹介
金型用3次元冷却水管インサートの設計
2010年10月01日
システム紹介
金型用3次元冷却水管インサート製作
―RPテクニカルセンターでの製作プロセス―
2010年07月01日
システム紹介
EOSINTリポート
2010年04月01日
システム紹介
EOSINTリポート
2010年01月01日
システム紹介
EOSINTリポート
2009年10月01日
システム紹介
EOSINTリポート
2009年07月01日
システム紹介
EOSINTリポート
2009年04月01日
システム紹介
EOSINTリポート
2009年01月01日
システム紹介
EOSINTリポート
2008年10月01日
システム紹介
EOSINTリポート
2008年07月01日
システム紹介
EOSINTリポート
2008年04月01日
システム紹介
EOSINTリポート
2007年10月01日
システム紹介
EOS社でのe-Manufacturing
2007年07月01日
システム紹介
EOSINTとe-Manufacturing「EOS社の新製品」
2007年04月01日
システム紹介
EOSINTとe-Manufacturing
「EOSINT Pの構成とオペレーション」
2007年01月01日
システム紹介
EOSINTとe-Manufacturing「EOSINTの活用事例 2」
2006年10月01日
システム紹介
EOSINTとe-Manufacturing
「EOSINT の活用事例」
2006年07月01日
システム紹介
EOSINTとe-Manufacturing 「EOSINTの最新情報」
2006年04月01日
システム紹介
EOSINTとe-Manufacturing
「EOSINTを使用した鋳造品製作」
2006年01月01日
システム紹介
EOSINTとe-Manufacturing
~EOSINT Mによる金属部品・金型製作~
2005年10月01日
システム紹介
EOSINTとe-Manufacturing
~ EOSINT Pによるプラスチック部品製作 ~
2005年07月01日
システム紹介
EOS社インターナショナルユーザーミーティング参加報告
2004年10月01日
システム紹介
EOSINT新製品のご紹介
2002年10月01日
システム紹介
EOSINT新製品のご紹介
2000年07月01日
システム紹介
EOSINT-M250 XtendedとDirectSteelのご紹介
1999年07月01日
システム紹介
EOSINT-Mによる成形金型製造の適用事例
1999年01月01日
システム紹介
ラピッド・プロトタイピングにおける鋳型の直接構造と鋳造
1996年07月01日
システム紹介
ラピッド・プロトタイピング新商品「EOSINT」について

お問い合わせ情報

NTTデータエンジニアリングシステムズでは、EOS/FORMIGAの設置・運用に関するコンサルティングや販売、技術サポートサービスなど、幅広く対応するため、東京・名古屋・大阪に拠点を設置し体制を整えています。

大阪の「AMデザインラボ」では、各種ベンチマーク造形の対応や、AMのための最適設計や後処理を含めた技術開発を行っています。
また、装置見学も可能です。

ご希望の方は、下記までお問い合わせください。

アディティブ・マニュファクチャリング事業部 営業部

東京 〒144-8601
東京都大田区西蒲田7-37-10 グリーンプレイス蒲田
電話:03-5711-5350
FAX:03-5711-5372
名古屋 〒461-8605
愛知県名古屋市東区葵1-20-6 NTTDATA葵ビル 2F
電話:052-979-6272
FAX:052-932-2836
大阪 〒562-0035
大阪府箕面市船場東2丁目6-58
電話:072-789-6006
FAX:072-729-7902

AMデザインラボ

〒562-0035
大阪府箕面市船場東2丁目6-58
電話:072-789-6006
FAX:072-729-7902