NTT DATA — Trusted Global Innovator

株式会社NTTデータエンジニアリングシステムズ

WinActor ― NTTグループの研究所が生んだ国内シェアNo.1RPAツール

WinActorとは

WinActorは2010年にNTTグループの研究所で産まれた国産のRPAツールです。

これまで人がWindows端末から操作していたExcel、ブラウザ、ERP、ワークフロー、個別の業務システム等、Windows端末から操作可能なあらゆるアプリケーションの操作手順をシナリオとして学習し、人に代わってWindows端末操作を自動で実施するソフトウエア型のロボットです。

昨今の課題である「少子高齢化による労働人口不足」や「働き方改革」の対策ツールとしても大きな脚光を浴びています。

※RPAとは

Robotic Process Automatin(ロボティック・プロセス・オートメーション)の略称で、仮想知的労働者(Disital Lador)とも呼ばれます。

ルールエンジン・機会学習・人工知能などを活用し、ホワイトカラー業務を効率化・自動化する仕組みと定義されています。

WinActorとは

WinActorの特長

  • Windows端末上で動作するあらゆるソフトウェアに対応(各種ブラウザ、Office、Flash等)
  • マニュアルからシナリオ作成画面まで完全日本語対応
  • 4つの自動操作インターフェース(UI識別型/ファイル向け/画像識別型/座標指定型)を用いてあらゆるソフトウェアに対応するシナリオの作成が可能
  • PC1台から導入可能
  • 24時間365日稼働可

導入のメリット

①定型業務や作業の自動化

定型的なバックグラウンドの作業をロボットに代行させることで、業務の自動化が図れます。

②業務生産性の向上

今まで社員が担当していたバックグラウンドの業務をRPAが担当することで、作業に費やしていた時間を別の業務に活用することができます。

③人的ミスの削減

シナリオに従い作業を正確に再現するため、どれだけ作業をしてもミスが起こることはありません。

④コスト削減

品質、生産性にばらつきがなく、一定の時間、費用で業務を行います。
業務スピードの向上と、コスト削減の両立が図れます。

⑤人材不足の解消

24時間365日働くロボットに作業をさせることで、定型作業・作業に起因する人材不足の問題解決が図れます。

  • ※  「WinActor」は、日本国内におけるエヌ・ティ・ティ・アドバンステクノロジ株式会社の登録商標です。

関連情報

お問い合わせ情報

ご質問やご不明点は、お問い合わせフォームをご利用ください。