NTT DATA — Trusted Global Innovator

株式会社NTTデータエンジニアリングシステムズ

Beagle View

GRADE/HULLユーザ向けに開発・構成された、統合設計ソリューション

Beagle Viewの特長

Beagle(ビーグル)とは、造船業界向け3Dデータ活用ソリューションの総称であり、3D船体情報や設計・生産情報を共有・活用するためのプラットフォームを基盤としています。
工程間の情報伝達、3Dデータの生産検討・生産現場への活用を具体的なターゲットに、造船業務の統合(synthesis)、効率化(optimization)に大きく貢献します。

Beagle View(ビーグル・ビュー)は、Beagleソリューションの主役となる3Dビューワーです。
GRADE/HULL(当社開発・保守)を始めとするさまざまな造船CADの3Dデータ(船殻および艤装)を取り込み閲覧できるとともに、Beagle View上で新たな情報を付加することによって、造船業務のあらゆる工程における3Dデータの有効利用を実現します。

Beagle View
※「Beagle」という名称は、1831年に当時22歳のチャールズ・ダーウィンが南アメリカ大陸沿岸や南太平洋諸島をめぐる航海に出た帆船の名前に因んでいます。

Beagle Viewによる3Dデータ活用

Beagle Viewはデータ管理システムSPACE-Doc(NDES開発・保守)と連携します。SPACE-Docでは3DCADから変換された3D船体情報の他に、設計図書や管理物量・作業指示に関する資料などを統合的に管理することができ、機密保持の観点からも安全性の高いデータ運用ができるようになっています。

Beagle ViewはSPACE-Docに管理されている3Dデータおよびその付随情報を閲覧、編集、保存することにより、造船業務に有効な情報を流通させることができます。

例えば「上流設計で生成された3D船体情報を下流設計で閲覧する」「過去船の下流設計の結果から必要な物量を算出し次の上流設計に活用する」「上流設計で生成された3D船体情報を、工程計画に活かす」「下流設計で生成された3D船体情報を、生産検討や生産準備に活用する」などの有効活用ができます。

関連情報

お問い合わせ情報

当製品に関するご質問やご不明点は、下記担当部署までお気軽にお問い合わせください。

ビジネスインテグレーション事業本部 第一事業部
第一営業部造船システム営業課

電話:03-5711-5342 FAX:03-5711-5371