NTT DATA — Trusted Global Innovator

株式会社NTTデータエンジニアリングシステムズ

Beagle View

GRADE/HULLユーザ向けに開発・構成された、統合設計ソリューション

Beagle Viewは3Dビューワーとしての一般的な機能を持つほか、部品種別・板厚別・カテゴリ別表示、基準線(FR)からの計測などの造船に特化した機能を多数持っており、取り合いを含めたブロックの構造把握も容易にできるようになっています。

また、コメント登録やアニメーション再生機能なども充実しており、組立要領検討や作業指示などに利用することもできます。

さらに、Beagle Viewは表示速度が低くならない工夫がされており、スペックが低いマシンでも、複数の搭載ブロックでも十分にビューイングできるようになっています。

1. 3D船体情報の取り込み・表示

3D船体情報の取り込み・表示

GRADE/HULLを始めとする造船CADからBeagle Viewへ船殻設計情報を受け渡す基本機能です。Beagle Viewの各種計測機能や資料作成機能を利用できます。

形状だけでなく部材名称や板厚、部材舷、重量といった船殻部材の属性値も取り込むことができます。

また、ブロックは任意に組み合わせて呼び出すことができます。

2. 基本計測機能

基本計測機能

部材の端点をスナップ認識して、端点間距離を三次元的に計測できます。

利用価値が高いとされているのが任意のブロックや部材を組み合わせて重量・重心を計算する機能です。

対象となる部材を確認しながら、今見えているブロック・部材の組み合わせ状態での重量・重心を計算し、注記として残すことができます。

3. ブロック、カテゴリ別による表示設定

ブロック、カテゴリ別による表示設定

ブロックを複数読み込んだ場合、ブロック別に色を割り当てたり透明化(ワイヤーフレーム表示)を設定したりすることができます。

同様に、部材種別ごとに色分けや表示モードを切り替えることができます。

4. 注記作成機能

注記作成機能

3D形状の特定位置に付箋を貼ることができます。

また、部材表面にフリーハンドで図を書き込むこともできます。

5. コメント作成機能

3Dモデルの参照状態や計測結果、注記作成状態をそのままの状態で記録し、課題管理化する機能です。

6. アニメーション作成機能

部材やブロックの位置を移動させたり、3Dビューの方向やズーム率を変更したりして連続するシーンを作成し、動画ファイル形式のアニメーションを作成することができます。

関連情報

お問い合わせ情報

当製品に関するご質問やご不明点は、お気軽に下記までお問い合わせください。

カスタマー&サービス事業本部 造船・橋梁ソリューション事業部
第一営業部

電話:03-5711-5355 FAX:03-5711-6972