NTT DATA — Global IT Innovator

株式会社NTTデータエンジニアリングシステムズ

管ナビ(kan navi®

艤装設計に最も効果を発揮する3次元艤装設計システム

管ナビ(kan navi)とは ― 3次元艤装設計システムの切り札

管ナビ(kan navi)はAutoCAD Plant 3D上で動作します
管ナビ(kan navi)は
AutoCAD Plant 3D上で 動作します
(クリックすると拡大画像が表示されます)

艤装設計の実業務が2次元図面( AutoCAD )で成立している現状で、 AutoCADベースで3次元設計できるツールがあれば最も現実的でスムースな3次元化が出来るハズと考え、「AutoCAD Plant3D」製品を試しに艤装設計業務に適用してみたところ、相当効果が見込める事を確認できました。

そこで、AutoCAD Plant3Dには無い、造船設計業務に必要な機能を「管ナビ」として開発することで、最も効果の出る3次元艤装設計システムとなると確信し、NDESにて開発を行いました。

これにより、製造業界一般に慣れ親しまれているAutoCADをフレームワークとしているため、トレーニングや準備作業に要する時間を短縮でき、3次元のモデルを視覚にて確認でき、熟練技術者はもちろん、若手の艤装設計者の操作習得が容易であり、設計技術者の早期育成と、スキル別の設計工程分担の実現の切り札として期待されています。

※ kan naviは、株式会社NTTデータエンジニアリングシステムズの登録商標です。

開発の背景 ― 艤装設計の3次元設計のために

造船業界のジレンマ
造船業界のジレンマ
(クリックすると拡大画像が表示されます)

造船業界では、ベテランの減少により若手設計技術者の早期育成が急務です。

若手設計者育成には3次元設計立上げが有効ですが、3次元CADの導入・保守のコストが膨大で、従来通りの業務では、設計効率が上がらないというジレンマがあります。

管ナビは そのジレンマを解決するために開発しました。

導入のメリット

管ナビの画面
管ナビの画面
(クリックすると拡大画像が表示されます)

3次元設計のメリット

  • 設計ミスが減り、設計変更・部品追加加工・時間ロスを減らせる。
  • 装置全体のバランスを確認し、おさまりの良い設計ができる。
  • 2次元図面に比べ図面のチェックが容易になる。
  • 装置のイメージ化により、船主の誤解による設計変更を減らす。
  • プレゼン資料・作業指示書等を分かりやすく短時間に作成できる。

関連情報

お問い合わせ情報

当製品に関するご質問やご不明点は、下記担当部署までお気軽にお問い合わせください。

ビジネスインテグレーション事業本部 第一事業部
第一営業部造船システム営業課

電話:03-5711-5342 FAX:03-5711-5371