eos e-Manufacturing Solutions

「金属」「樹脂」 試作から生産まで EOSハイエンド 3Dプリンター

このような
課題・ニーズはございませんか?

  • 3Dプリンターを導入したいが
    どれを選べば良いかわからない
  • 導入前に試作して、品質を確かめたい
  • 導入したいが、使いこなせるか不安
  • 使いたい材料が、ラインナップに無い
  • 複数拠点に、同時に導入したい
  • 他社の3Dプリンタを使っているが、
    うまく使いこなせない

etc...

このような
業界・業種最適です。

  • 自動車

    自動車

  • 金型

    金型

  • 産業機械

    産業機械

  • 航空宇宙

    航空宇宙

  • 医療

    医療

etc...

信頼と実績のラインナップで、課題・ニーズにお答えします。

プラスチック材料向け 品質・生産性・操作性が 三位一体の 樹脂3Dプリンター

EOS P 770

EOS P 770

樹脂粉末積層造形システムで唯一ダブルレーザー搭載

仕様

造形領域:700 mm×380 mm×580 mm
積層厚(※):0.06 mm~0.18 mm
レーザータイプ:CO2×2 50W

サイズ(W×D×H)

システム:2,250 mm×1,550 mm×2,100 mm
重量:約 2,300kg

EOSINT P 800

EOSINT P 800

樹脂粉末積層造形システムで唯一スーパーエンジニアリング・プラスチックに対応

仕様

造形領域:700mm×380mm×560mm
積層厚(※):0.12mm
レーザータイプ:CO2x2 50W

サイズ(W×D×H)

システム:2,250mm×1.550mm×2,100mm
重量:約2,300kg

EOS P 396

EOS P 396

進化し続ける樹脂粉末積層造形システムのスタンダード

仕様

造形領域:340 mm×340 mm×600 mm
積層厚(※):0.06 mm~0.18 mm
レーザータイプ:CO2 70W

サイズ(W×D×H)

システム:1,840 mm×1,175 mm×2,100 mm
重量:約 1,443kg

FORMIGA P 110

FORMIGA P 110

形状再現性と操作性に優れたコンパクトなシステム

仕様

造形領域:200 mm×250 mm×330 mm
積層厚(※):0.06 mm~0.12 mm
レーザータイプ:CO2 30W

サイズ(W×D×H)

システム:1,320 mm×1,067 mm×2,204 mm
重量:約 600kg

金属材料向け 世界シェアNo.1 金属3Dプリンター

OS M 400-4

EOS M 400-4

マルチレーザーの量産用大型システム

仕様

造形領域:400mm×400mm×400mm
積層厚(※):0.04mm~0.09mm
レーザータイプ:Yb-fiber laser 400W4本

サイズ(W×D×H)

システム:4,181mm×1.613mm×2,355mm
重量:約4,635kg

EOS M 290

EOS M 290

R&Dや小ロット生産に最適な金属積層造形のスタンダード

仕様

造形領域:250 mm×250 mm×325 mm
積層厚(※):0.02 mm~0.06 mm
レーザータイプ:Yb-fiber laser 400W

サイズ(W×D×H)

システム:2,500 mm×1,300 mm×2,190 mm
【再循環フィルタシステム】
・プレフィルター:930 mm×954 mm×1,710 mm
・ファインフィルター:781 mm×818 mm×1,448 mm
重量:約 1,710kg

EOS M 100

EOS M 100

複雑で精密な部品の製造に向いた小型モデル

仕様

造形領域:φ100 mm×95 mm
積層厚(※):0.02 mm~0.03 mm
レーザータイプ:Yb-fiber laser 200W

サイズ(W×D×H)

システム:800 mm×950 mm×2,250 mm
重量:約 580kg

※材料によって異なります。

EOSが選ばれる4つの理由

  • 造形したらわかる高品質

    造形したらわかる高品質EOSの装置は、樹脂も金属も、高品質な造形をするためにさまざまな工夫がなされています。機械的特性に悪影響を与えるヒュームやスパッターを取り除くラミナーフロー/クリアフロー、造形位置による不均質を防ぐEOSAME(イオスエイム)などは、その工夫のほんの一部です。カタログではなかなか表現しきれない品質は、テスト造形をすると明らかです。

  • 装置”だけ”のメーカーじゃない

    装置”だけ”のメーカーじゃない装置の性能だけでは、高品質なパーツを作ることはできません。
    3Dプリンターの老舗EOS社は25年以上の歴史の中で、それをとてもよくわかっています。
    装置や材料の他、導入後の保守・メンテナンスサポートの体制も整っており、装置を使いこなしてもらうために、EOS社の持つノウハウを提供するサービスもあります。

  • EOSは専門家集団

    EOSは専門家集団EOS社では、お客様の業務やリクエストに応えられる、業界を熟知した専門家がいます。
    3Dプリンターを使ったことがある人もない人も、やりたい事をぶつけてみてください。
    どんな事ができるか、専門家が一緒に考えます。

  • インダストリー4.0

    インダストリー4.0現在3Dプリンターは、生産装置として企業に取り入れられつつあり、インダストリー4.0、IoTと無縁ではいられません。
    EOS社は、ネットワークで繋がった製造現場に装置が融合できるよう、装置、周辺機器、ソフトウェアを設計・開発し、長く製造現場で活躍できる装置を生み出しています。

導入・活用事例

  • 航空宇宙

    シンフォニアテクノロジー株式会社様

    航空宇宙分野の新たな部品づくりに金属3Dプリンターを先行導入

    2017年に創業100周年を迎えたシンフォニアテクノロジー様は、モーションコントロール機器、パワーエレクトロニクス機器を中核にさまざまな事業を展開しています。
    伊勢工場の航空宇宙部門では、航空機・ロケット用の新たな製品の製造に取り組むため、産業用ハイエンド金属3Dプリンター「EOS M 290」を導入し、試験的な運用を開始しています。

  • 自動車

    ナブテスコ株式会社様

    3Dプリンターでものづくりを革新。積層造形のパイオニアであるナブテスコが産業用3Dプリンターを活用した製品の製造に挑む

    ナブテスコ様は、モーションコントロール技術を中核に、産業・生活・環境の幅広い領域で事業を行っています。
    同社は3Dプリンターを活用した製造技術の研究開発に取り組むため2015年7月、ナブテスコデジタル・エンジニアリングセンター(NDEC)を開設しました。
    NDECでは、ハイエンド金属3Dプリンター「EOS M290」を導入し、デジタルエンジニアリングによるものづくりの変革に取り組んでいます。

  • 八十島プロシード株式会社様

    最新の3D技術や高度な切削加工技術で医療機器など新たな市場を開拓する

    八十島プロシード様は、PEEKやMELDINR(ポリイミド)に代表される高機能性樹脂材料(スーパーエンプラ・エンプラ)の切削加工と最新の3D技術を活用した造形加工を行う国内トップクラスの企業です。
    1937年の創業から、間もなく80周年を迎えようとする同社は、創業の地である大阪をはじめ、全国に製造・営業の拠点を構え、積極的な事業を展開されています。
    2011年にFORMIGAをご導入いただき、医療分野にご活用いただいています。

  • 原田車両設計株式会社様

    自動車から航空や介護医療分野までものづくりに一貫して取り組むモットーは「つくれないものはない会社を目指す」

    原田車両設計様は、企画・設計・ものづくりから品質管理まで一貫して対応する企業です。
    モットーは「つくれないものはない会社を目指す」とし、『狭く・深く』で得意分野の業績を伸ばしています。
    自動車用ワイヤハーネスの設計から始まり、現在では車載組み込み開発でも実績を重ね、さらに分野を広げて航空設備機器、介護医療機器の開発にも取り組んでいます。

3Dプリンターご導入までの流れ

  1. 01

    お問合せ

  2. 02

    製品紹介

    弊社営業員がお伺いし、EOSの紹介をいたします

  3. 03

    導入前対応

    • 試作を作って
      品質を確かめたい

      ベンチマーク造形※

    • 実機を見たい
      周辺設備を見たい

      弊社ラボ見学

    • 実際の作業を
      見たい

      作業デモ見学

    ※造形に不向きのものは形状変更を提案します。

  4. 04

    見積提案

    お客さまの要望に沿った構成の見積を提案いたします

  5. 05

    現地下見・設置レイアウト決定

  6. 06

    ご発注

  7. 07

    納入・検収

  8. 08

    アフターサービス

    • 電話での
      ホットラインサポート

    • 機器の
      定期メンテナンス

    • 日本人エンジニアによる
      トラブル対応

お知らせ・イベント情報

2017.11.29
2017年12月1日(金)開催の「第2回 Additive Manufacturing ワンデイセミナー」は、定員に達したため申し込みを終了いたしました。たくさんのお申し込みをいただき、ありがとうございました。
2017.10.30
2017年11月14日(火)~17日(金)に独フランクフルトで開催される「formnext powered by TCT 2017」に出展いたします。詳細はこちらをご覧ください。
2017.10.16
10月13日(金)「AMワンデイセミナー」を開催しました。たくさんのお申し込みをいただき、ありがとうございました。
2017.09.19
2017年9月27日(水)開催の航空宇宙業界向けビジネスマッチング「第2回 エアロマート名古屋」に出展いたします。詳細はこちらをご覧ください。
2017.07.25
2017年7月27日(木)開催の「第5回AMソリューションセミナー」は、定員に達したため申し込みを終了いたしました。たくさんのお申し込みをいただき、ありがとうございました。

EOSについて

1989年、ドイツのミュンヘンにDr.Hans J Langerにより設立されました。創業より、一貫して3Dプリンターの性能を追求し、売り上げの15%を開発に継続投資しています。

精度、スピード、品質、コストの最善のバランスを追求した製品開発、製造機器としての3Dプリンターを追い求めるその姿勢は、十分時間をかけて検証した上で新製品や新機能をリリースすることにも表れています。

創業者が今でも会社を率いており、彼の製品や開発に対する思想が全従業員に植え込まれています。それにより安定した成長を成し遂げています。

EOS社は、2015年に世の中の製造の常識を根底から覆す開発をした企業に贈られるGame Changer Award賞を受賞し、そのぶれない開発姿勢が広く認められました。また、Dr.Hans J Langerは、AM業界に大きな功績を成した人物として2016年SME Additive Manufacturing Industry Achievement Awardを受賞しました。

NTTデータエンジニアリングシステムズについて

株式会社NTTデータエンジニアリングシステムズは、『ものづくり分野のお客様の未来をITで支援します。』を合言葉に、CAD/CAM/CAEなど製造業の情報化に欠かせないプロダクトの販売と、「ものづくり」の多様な要求にあわせたカスタマイズとインテグレーションの提供、さらに企業の人的資源、物的資源、資金など経営資源の戦略的運用むけた仕組みづくりで、ものづくり分野のお客様の情報化を支援しています。

アディティブ・マニュファクチャリング(AM)事業部について

アディディブ・マニュファクチャリング事業部は、1993年に(独)EOS社と販売代理店契約を結んで以来、20年以上に渡り装置販売から技術サポートまで行ってきました。

現在までに日本国内で160台以上の装置導入実績を持っています。

また複数台の最新の金属・樹脂造型機、検査・後処理機器等を備えたAMデザインラボ(技術開発拠点)を持ち、各種エンジニアリングサービス、マニュファクチャリングサービスをお客様に提供しています。

お問合せ・お申し込みフォーム

お問合せ要件をご選択ください。
お名前
お名前(フリガナ)
業種
従業員数
貴社名/団体名
貴社名(フリガナ)
部署名
役職
ご住所
電話番号
FAX
メールアドレス
お問合せ内容をご入力ください。

個人情報の取り扱い

  1. ご入力いただいた個人情報は、弊社の「個人情報保護方針」に基づき安全かつ厳密に管理します。
  2. 弊社は、お客様にご入力いただいた個人情報を、弊社商品・資料送付、商品およびサービスのご案内、その他弊社商品およびサービスの提供に付帯する業務のみに使用するものとし、他の目的には一切使用いたしません。
  3. 個人情報は、2項の使用目的の範囲で業務委託先にその取り扱いを委託することがあります。
  4. 必須項目以外へのご入力は任意ですが、特定の項目にご入力いただけない場合、ご希望の情報を提供できない場合があります。
  5. 本ウェブサイトは、お客様の個人情報を保護する目的のため、SSL(Secure Socket Layer)の暗号化技術を採用しています。応募者がSSLに準拠したブラウザをご利用されることで、お客様の個人情報を送受信する前に自動的に暗号化いたします。
  6. お客様は、弊社に対していつでも、弊社が保有しているお客様の個人情報を開示するよう求めることができ、その結果個人情報に誤りがある場合は、訂正または削除を要求することができます。詳しくは、「開示等のご請求手続きのご案内」をご参照ください。
  7. 個人情報お問合せ窓口
    個人情報保護管理者
    取締役(経営統括部担当)
    電話 03-5711-5311 FAX 03-5711-5370
    e-mail:ind-info@nttd-es.co.jp

上記内容にご同意いただけましたら、「同意する(内容確認画面へ)」を押してください。

ページトップヘ