NTT DATA NTT DATA

第8回 データ管理 3つの変革
見えない品質劣化が取引を減らす!?

掲載日:2018/4/16

CADデータの品質が及ぼすもの

みなさまが普段目にするデータ、同じテーマでも作業者によって出来上がってくるデータの質にばらつきはありませんか?

作業者の得手・不得手、資料の難度も影響しますが、過去データの管理、活用がうまくいっていない場合があります。

データの質の低下は、取引先の満足度を下げ、長期的には信頼を損ね、取引減少のリスクがあります。

品質管理に取り組みデータの品質向上・安定化を目指してみませんか?

品質の維持向上や取引先の信頼獲得に役立つ規格としてISO 9001があります。ISO 9001ではルールの作成、ルールに従った活動が求められます。

これにはルールの明文化・手順のマニュアル化など文書化が必要になり、作成された文章は社内共有し、適宜見直しを行うことで改善していきます。

このとき役立つのが弊社のクラウドのデータ管理サービスです。

クラウドのデータ管理サービスって?

セキュアな環境で作成文書の共有化・一元管理を行うことができ、また過去の改定前の文書・データも確認も容易にできます。

前回もご紹介していますがデータの一元管理はノウハウ継承にも役立ちます。

品質管理を行い、作業フローを確立させることでデータ品質の維持・向上に努めることができます。

品質管理は文書に限ったことではありません。製造現場で流通しているCADデータの品質も企業の信頼に影響します。

取引先から受け取ったCADデータに面抜けや面の歪みなどありませんか?また、一見きれいに見えるCADデータでもその後のモデリング作業でなぜかうまくいかず結局作り直していることもあるかと思います。見た目のエラーは手作業で直すこともできますが、時間もかかりますし、作業者のスキルで質のばらつきも大きく見た目でわからない内部的なエラーは手作業で直すことは困難です。

NDESのCADデータチェッカーはそんな課題の解決に役立ちます。

データ管理における品質管理は取引先の信頼を得るためだけでなく自社製品の品質向上、工数削減にも役立ちます。

クラウドのデータ管理サービスって?

★ものづくり補助金はクラウドサービスの利用料も対象です、ご存知でしたか?★

平成29年度補正「ものづくり・商業・サービス経営力向上支援補助金」の公募が2018/2/28より開始されました。補助金を利用してクラウドサービスを始めてみませんか?