NTT DATA — Trusted Global Innovator

株式会社NTTデータエンジニアリングシステムズ

No.15 システム紹介

WindowsNT版 製図支援システム Space-E/Draw のご紹介

金型システム事業本部
システム部 グループリーダー 坂口 達哉

金型システム事業本部では、UNIX版製図支援システムDASH/DRAWのWindowsNT版"Space-E/Draw"を、平成11年度Q4にリリースします。以下、Space-E/Drawについて、簡単にご紹介させていただきます。
Space-E/Drawは、DASH/DRAW Version6.1.0と同等の機能をご提供します。コマンド体系や操作はDASH/DRAWと同じですので、設計者は違和感なくシステムを運用できます。

特長は、DASH/DRAWで使用してきた資産が利用できることです。DASH/DRAWのモデルファイルやシンボルファイルをSpace-E/Drawで流用できます。DASH/DRAWとSpace-E/Drawではシステムのデータベース構造が同じであるため、図形形状が欠落しません。また、DASH/DRAWでGALやGIP,GIP-SPの関数を用いてカスタマイズしていた機能は、一部を除きSpace-E/Drawでご使用になれます。
DASH/DRAWのリプレイス、増設をご検討していただいている場合、是非、Space-E/Drawをご検討くださいますよう、お願い申し上げます。

操作画面
図1 Space-E/Draw画面イメージ

― この記事に関連するソリューション ―