NTT DATA — Trusted Global Innovator

株式会社NTTデータエンジニアリングシステムズ

No.43 システム紹介

Space-E CAA V5 Based R16 Update 新機能のご紹介

システムソリューション統括部 開発技術部
システム開発グループ
鯵坂 昌広 / 田丸 昭洋 / 井土 隆也

はじめに

Space-E CAA V5 Based(以下Space-E V5)は、新バージョンであるR16 Update1,2,3をリリースしています。ここでは、各商品のモールド設計支援機能、コア&キャビティ設計機能、3次元CAM機能の新機能および改善した機能についてご紹介します。

なお、R16 Update2から64-bitプラットフォーム版をリリースしました。Microsoft Windows XP Professional x64 Edition日本語版が動作するIBM PC互換機にてSpace-E V5をご利用いただけます。

Space-E V5 Mold Design R16

Mold Design R16 Update2,3では、モールド設計支援機能として以下に示す機能を追加及び改善しました。

■登録モールドベースの追加

R16 Update2では、部品付のフタバモールドベースのカタログに、2プレートタイプSシリーズのモールドベースを5種類(SA、SB、SD、SE、SF)と高剛性タイプSシリーズのモールドベースを4種類(SA、SB、SC、SD)追加しました。高剛性タイプは、スペーサブロックの幅を広げ剛性を高めたものです。この追加により、2プレートタイプSシリーズの主要なモールドベースを利用できるようになりました。(図1、2)

追加したモールドベースは、「モールドベース設定」コマンドにより、モールドベースの仕様(取付板の幅、ガイドピンの向き、エジェクタプレートの仕様)を配置後に変更することができます。

画面例
図1 2プレートタイプ(SAタイプ)
画面例
図2 高剛性タイプ SBタイプ

■交差水穴作成機能/水穴接続機能

通常、冷却水穴の設計では、複数の水穴を接続して冷却水を流す経路を作成します。そこでR16 Update3では、経路の作成を容易にする2つの機能を追加しました。

画面例
図3 交差水穴作成機能
画面例
図4 水穴接続機能

どちらの機能でも、水穴を交差部分からさらに延長するときの長さ(オーバードリル)を設定することができます。

Space-E V5 Core & Cavity Design R16

Core & Cavity Design R16 Update1では、新たに次の機能を追加しました。

■穴埋め機能

金型設計の最終段階において、金型の分割面を作成するために製品形状の穴を埋める作業があります。その作業を容易にするため、R16 Update1では、穴埋め機能として次の2つのコマンドを追加しました。

・曲面の全ての穴を一括して穴埋めするコマンド

このコマンドは、複数の曲面を指示して全ての穴を一括して穴埋めします。穴のない曲面を指示した場合は、自動的に処理対象から外されます。(図5)

・曲面の穴を指定して穴埋めするコマンド

このコマンドは、曲面の穴を1つずつ指示して穴埋めします。1つの曲面を処理対象にしているため、複数の穴がある場合は、埋める穴と残す穴をそれぞれ選択できます。(図6)

説明図
(上図をクリックすると拡大図が表示されます)

Space-E V5 CAM R16

CAM R16 Update2では、等高線機能に加工精度を向上させるための機能や、アンダーカット部を加工するための機能を追加しました。

■等高線機能

・平坦部加工モードに、加工品質を重視する加工方法を追加しました。

モデルに対してダウンカットを固定にし、隣接した断面を順番に加工するモード(片側モード)を追加しました。これにより、工具負荷や工具磨耗に起因する仕上がり面の問題を軽減する経路が作成できます。

画面例
図7 スパイラルモード(従来)
で作成した経路
画面例
図8 片側モード(新機能)
で作成した経路
画面例
図9 通常の等高線経路:太線
片側モードの経路:細線

・ピン角部を保護する[コーナー保護]オプションを追加しました。

モデルのピン角部に、円弧によるループ形状の経路を挿入することで、コーナー部で発生する角ダレを回避できます。

画面例
図10
[コーナー保護]オフ
画面例
図11
[コーナー保護]オン

・アンダーカット部の加工に対応しました。

T-スロッタ工具、ロリポップ工具を使用して、部分的なアンダーカット部を加工するモードを追加しました。

― この記事に関連するソリューション ―