NTTデータエンジニアリングシステムズ

カスタム設計業務の改革を実現するDelight-Spaceは、
個別受注型製造業のDXを支援し、次の3つの効果に貢献します。

  • 設計不通過による設計工数の
    新製品開発への稼働シフト
  • 多様な顧客ニーズへの対応と
    リードタイム短縮の両立
  • 標準仕様への誘導提案
    営業のみでの迅速な見積りによる
    顧客対応力の強化

機能構成と特長

Delight-Spaceは、設計モジュール化技法の考え方に基づく、個別受注型製造業向け設計情報管理の
テンプレートで、主に「標準設計管理」「見積受注管理」「受注設計管理」の業務機能から構成されています。

Delight-Spaceは、設計モジュール化技法の考え方に基づく、個別受注型製造業向け設計情報管理のテンプレートで、主に「標準設計管理」「見積受注管理」「受注設計管理」の業務機能から構成されています。

標準設計管理
標準化した図面構成や機能、部品、仕様等の各種設計情報を管理し、設計ノウハウの形式知化と共有化を支援します。
見積受注管理
見積案件管理のほか、選択式の仕様書を入力すると、コンフィグレータにて標準設計管理の情報から瞬時に適合モジュールを抽出し、設計部品表に翻訳できます。
受注設計管理
見積受注管理にて受注となった設計部品表を連携し、製番BOMを作成することができます。追加設計対象は、特殊仕様が発生したモジュールのみとなります。
生産準備
受注設計管理で作成された製番BOM情報を、生産管理システムにデータ連携し、ミスのないデータ連携を実現します。
  • フレームワーク
  • BOM管理
  • 承認依頼
    (ワークフロー)
  • 設計変更管理
  • ドキュメント管理
  • プロジェクト管理
  • CAD連携
  • ERP連携
  • ドキュメント管理
  • BOM管理
  • プロジェクト管理
  • フレームワーク
  • CAD連携
  • 承認依頼
    (ワークフロー)
  • 設計変更管理
  • ERP連携

※設計モジュール化技法とは、株式会社 経営システム研究所が提唱している、多様化・多品種化する製品バリエーションに対し、既存図面をモジュール化して、モジュールの組み合わせによって製品を実現し、受注仕様の決定から設計・出図、生産計画・調達計画にわたるビジネスプロセスを効率よく運営するための業務変革技法です。

個別受注型製造業に
強みを発揮

個別受注型製造業に強みを発揮

お客様の課題を解決します

課題

  • 際限なき
    短納期・低コスト
    への追従
  • 業務の属人化、
    後継者育成の停滞
  • 設計変更による
    現場の混乱
  • リモートワークを
    前提とした
    新しい働き方

解決策

設計モジュール化技法による
設計業務改革(標準化推進)

設計モジュール化技法に
よる設計業務改革
(標準化推進)

  • 多様なニーズに対して、標準品をベースにモジュールの組み合わせで対応する(メカ・エレキ・ソフト)
  • 「図面構成」「機能」「部品」「仕様」の標準化を図り、設計ナレッジをDB化する
  • “新規設計の少ない設計”を実現する

仕様選択コンフィグレータの導入

仕様選択
コンフィグレータの導入

  • 顧客のカスタマイズ仕様から、瞬時に誤りなく適合モジュールを抽出し、製番部品表に翻訳する仕組み(情報システム)を構築する
  • ベテラン設計者不在でも、営業だけで見積りの作成を可能にする

BOMの円滑な情報連携による
スマートワークの実現

BOMの円滑な
情報連携による
スマートワークの実現

  • コンフィグレータで作成した製番部品表をPLMにて管理し、標準品で対応できない部分のみカスタム設計を行う
  • カスタム設計が完了した製番部品表をERPへ連携し、営業~設計~生産に渡る一気通貫業務の実現を図る

Delight-Space
(ディライトスペース)

Delightとは、設計業務(Design)の
負荷を軽減し(Lighten)、
お客様に幸せ・喜び(Delight)を
享受いただくという意味です

Delightとは、設計業務(Design)の負荷を軽減し(Lighten)、
お客様に幸せ・喜び(Delight)を享受いただくという意味です

セミナー

トピックス

お問い合わせ・
ご相談はこちらから