NTT DATA — Trusted Global Innovator

株式会社NTTデータエンジニアリングシステムズ

GRADE/HULL ― 船殻の機能設計から生産設計までをカバーする三次元CAD/CAMシステム

設計標準と選定標準

設計標準と選定標準

GRADE/HULLは、ユーザーが自由に定義できる設計標準作成機能を備えています。設計標準が作成・適用可能なものは右覧のとおりです。

設計標準の適用は、選定標準にしたがって行われます。たとえば、すみ肉溶接として、I, V, X型の開先標準を定義しておき、板厚によってどれを適用するかを選定標準として登録しておけば、モデル作成時には、自動的に適切な標準が選択され適用されます。

ディフォルト値(初期値)設定

ディフォルト値(初期値)設定

上流設計では、必要な板厚・骨寸法等が決まらないまま設計を開始することがよくあります。しかしCADでは、確定した寸法を入力しなければモデルを作ることができません。

そこでGRADE/HULLでは、寸法等の各種属性をディフォルト値(初期値)を設定しておき、これらを自動入力することにより、モデリングができる機能を用意しています。

マクロコマンド

マクロコマンド

たとえばスティフナ定義などには、骨寸法・板逃げ・端部形状など一連の決まったコマンドを使うことになります。これらの定型的な作業を一つのマクロコマンドして登録しておけば、作業ミスもなくまた操作も簡単になります。

GRADE/HULLには、このような頻繁に利用する一連のコマンドをマクロコマンドとして登録しておく機能があります。

このマクロコマンドは設計者全員で共有し、他船へコピーすることも可能です。

一括指示

一括指示

CADの操作中に、たとえばデッキ付きのロンジをすべて選択したい、あるいは矩形で囲んだ部品だけを選択したい、というようなことは良くあります。

GRADE/HULLでは、コマンドの実行対象を指示する際、これらを一括してまとめて指示することができます。

この一括指示は、マクロコマンドと併用することもできますので、操作の手間を大幅に削減することができます。

関連情報

お問い合わせ情報

当製品に関するご質問やご不明点は、お気軽に下記までお問い合わせください。

カスタマー&サービス事業本部 造船・橋梁ソリューション事業部
第一営業部

電話:03-5711-5355 FAX:03-5711-6972