人とシステム

季刊誌
NTTデータエンジニアリングシステムズが発行する
お客さまにお役に立つ情報をお届けする情報誌です。

No.28 | お客様事例
EOSINT-Sを利用した短納期化の実現

コマツキャステックス株式会社様は、国内でのEOSINT-Sの1号ユーザ様です。

早くからEOSINTを導入され、サービスビューロとして独自のノウハウを確立し、短納期・低コストを常に追求され、お客様の要望に柔軟に対応されています。

今回は、EOSINTの導入の背景、導入後の運用などについてのお話を中心に、氷見事業所 所長 喜多一至様、営業技術課 主任 米谷稔様、製造課CAD班 班長 奥村則房様、三箇忍様にお話をお伺いしました。

事業概要

人物写真
氷見事業所
所長 喜多 一至 様

当社は小松製作所の鋳造部門として、1997年に分社化され設立されました。

私どもの模型事業部をはじめ、鋳物関連の3部門、設備関係のエンジニアリング事業部の5部門から構成されている鋳造を主力とした会社です。

模型事業部では自社向けの型製作と外販を行っております。

自社向けには油圧バルブなどの鋳物用型製作や、鋳鉄・鋳鋼・アルミなど各種素形材用の型製作をおこなっております。

外販では試作用鋳型の製作や鋳造型・プラスチック型など各種素形材用型の製作も手がけています。

導入の背景

1997年10月に小松製作所からコマツキャステックスに変わり、当社の目玉となる技術を探していました。

EOSNT-S700
EOSNT-S700

当時、バルブ関係の鋳物はシェル金型を使わないと製作できない部分があり、短納期化を実現するのは非常に困難でした。

短納期の要望が強くなる中で、お客様の要望に応えていくことと「サービスビューロ」として事業化という考えもあり、EOSINT-Sの導入に至りました。

導入については1997年頃から検討し、導入したのは1998年2月です。

オペレータは2名で担当しています。

導入から立ち上げ

導入当初は手探り状態でしたが、数をこなしていくにつれてコツが見えてくるようになりました。

依頼ごとに形状も違っていますし、求められる寸法精度や強度も違ってきます。

肉厚のあるもの・大型のものなどにあわせてレーザの条件を変更し、寸法精度が良くなり、強度が出る設定を探っていきます。

それでも、依頼される形状によっては従来の手法で寸法が出ない場合などがあります。

数をこなして経験を積むことが大事で、一種の職人技のようなものだと思います。

導入の効果

■スピードアップ

人物写真
営業技術課
主任 米谷 稔 様

従来より圧倒的にスピードが速くなっています。

鋳型だけで考えると、以前は1ヶ月かかっていたものが1週間でできるようになりました。

その後の工程は従来と同じですが、全工程で考えてもリードタイムは3分の1程度になっています。

リードタイムおよびコスト比較
リードタイムおよびコスト比較

お客様から金曜日の夕方にデータを頂いて、その日のうちに機械にかけて土曜日の夜に出荷し、月曜日の朝に届くように作業したことがあります。

お客様からみれば「営業日の翌日にできあがって届いている」感覚ですから、ものすごく驚かれていました。作り易い形状だった事もあり、それが今までの最短記録です。

また、当社では「データを頂いてから3日目には1作目を発送します」と宣伝しています。

最近は3Dデータで送られて来ますのですぐに作業できますし、「3日でできれば何処にも負けないだろう」と思っています。

■不可能だった形状でも

新規開発品などは段々複雑化してきていますし、従来の工法では製作できない場合もあります。

EOSINTの利点は普通の金型では不可能な形状を造形できることです。

3Dデータさえあれば造形することが可能ですし、スピードが速いのも魅力です。

■お客様からの反応

通常の金型などは納期どおりに納めて当然ですし、お礼を言われることは少ないと思います。

ですが、EOSINTでは納期どおりに納めた後にお客様からお礼を言われることがあります。

また、最終的にできあがった製品の写真を送ってくれるお客様もいたりします。

そういったお客様からの反応がありますので、やりがいもありますし励みになります。

EOSINTは特殊な技術ですし、やはりスピードが速いのでお客様からの反応も大きいです。

3Dデータと鋳造方案

当初はお客様から図面だけを頂いてモデリングすることもありましたが、最近は3Dデータで渡されることがほとんどです。

人物写真
製造課CAD班
班長 奥村 則房 様

頂いたデータで面が抜けていたりすることが時々ありますが、こちらで対処しています。

また依頼の形も様々で、製作した鋳型を組み合わせてすぐに湯を入れることのできるタイプや鋳型まるごと依頼される場合もあります。

そういう場合の鋳造方案はお客様から指定される場合が多いです。

その後にEOSINTで作業するのかその他の手法なのかを検討していきます。

納期が短い場合はEOSINTで製作しますが、若干費用がかかりますので、価格と納期を考慮して使い分けをしています。

最後に当社の方案を盛り込んでEOSINTにデータを流し、造形しています。

作業風景

ノウハウ

■砂の改良

EOS社標準の砂(シェル砂)と市販の鋳物砂(セラビーズ)をEOSINT仕様に改良して使用しています。

それぞれに特徴がありますので、鋳物の形状・大きさによって判断しています。

油圧バルブなどの入り組んだ部分がある場合にはシェル砂を使用し、その他はセラビーズを使用することが多いです。砂の改良については当社のノウハウの一つだと思っています。

■変形を防ぐ

造形サイズの大きなものもありますので、分割して作ることも多くなってきています。

ですが、サイズが大きくなってくるとハンドリングが大変になります。分割したほうが楽な場合もありますので見極めが大切です。

また、変形を防ぐためにサポートの付け方を色々と工夫を凝らしています。

造形物の写真
造形直後
造形物の写真
後処理後
(ホットエアガン処理)
造形物の写真
ポストキュア後

運用について

■要望に応えるために

EOSINTを稼動させて5年目になりますが、社外向けの比率が年々増えてきています。

今年度は自社向けが2割、残りの8割はすべてサービスビューロとしての仕事になります。

また、9割以上は鋳型で納品していますので、鋳物を納品する割合は少ないです。

注文から1週間以内に製作して欲しいなどの場合は苦労しています。

ですが、当社の「ウリ」は短納期なので、昼夜を問わずに人間が機械に合わせて作業している状態です。

機械を止めるわけにはいかないですし、要望に応えていくためには必要なことだと思います。

「1層何秒×何層」を計算すれば、1工程の所要時間はおおまかに予測できます。

人物写真
製造課 CAD班
三箇 忍 様

深夜でも工程が終わる時間に出社して、次の作業に移る場合と次の日の朝に始める場合とでは全然違いますし、時間がもったいないです。

ここ1~2ヶ月はフル稼働している状態が続いています。

EOSINTが造形している間は2次元図面を描いたり、3次元モデリングをしたり他の作業をしています。

国内で唯一のEOSINT-Sの女性オペレータのようですが、砂の入れ替えやオーブンへの移動など、扱うものが重いので苦労しているところもあります。

今後の取り組み

■サービスビューロとして

鋳型で納品するケースがほとんどですので、今後は鋳物・製品まで製作していければと思っています。

また、お客様から図面だけを頂いて方案から作業するなど、EOSINTに関連する部分をもっと深いレベルまでやっていきたいと思っています。

数量は少なくても精度の求められるものをEOSINTを止めることなく作業していくことが目標です。

■需要の拡大

従来では不可能だった形状が造形できることや短納期化が実現できることがお客様に浸透しきれていません。

短納期が叫ばれている中で、まだまだ需要があると思いますので、サービスビューロとしてお客様に上手く情報の配信ができればと考えています。

そうすることによってさらに需要を見込めるようになると思います。

造形物の写真
ブラケット 4分割組立品
2/2~2/4
造形物の写真
ブラケット 1/4

HZSについて

今後もサービスビューロとして活動していきますので、お客様の紹介をお願いしたいです。

また、運用面に関しても引き続き技術的なサポートをお願いします。

おわりに

お話を伺っている中で、「試作」という仕事上、納期というものを非常に重要視されていることが良くわかりました。

また、それに応えていくために様々な苦労をされているお話を伺う中で、お客様を大事にされている姿勢に感心させられました。

大変お忙しいところ、貴重な時間をさいてお話を聞かせていただき、ありがとうございました。この場を借りてお礼申し上げます。

会社プロフィール

会社写真
氷見工場
製品写真
油圧バルブ中子
製品写真
Water Jacket中子

コマツキャステックス 株式会社

住所 富山県氷見市下田子1番地3
設立 1997年10月1日
資本金 46億79百万円
従事者 590名
売上高 200億円
事業内容 鋳鋼品、鋳鉄品その他各種素形材の製造、加工および販売
鋳造関連設備他各種機械器具の製造、修理、加工および販売
鋳造用その他各種素形材用の治具・型の製造および販売
各種プラントならびに土木建設工事の設計、施工、監理および請負
環境計測、成分分析、放射線検査その他各種検査業務の請負、コンサルティング
各種素形材用副資材の製造および販売

関連するソリューション

関連するソリューションの記事

2020年04月01日
Additive Manufacturingに特化した国際見本市
formnext 2019 のご報告
2020年01月01日
JAPAN EOS DAY 2019のご報告
2019年04月01日
ドイツ・フランクフルト開催の国際見本市
formnext 2018のご報告
2019年01月01日
「EOS DAY」のご報告
2018年10月01日
3Dプリンティング技術による歯科デジタルものづくり
最適な人工歯を短時間で製造可能に
2018年07月01日
革新的次世代乾式電解研磨装置
DLyte 100Iのご紹介
2018年04月02日
NTTデータエンジニアリングシステムズは、GPAINNOVA社から電解研磨装置DLyteの日本国内における独占販売権を取得
2018年04月01日
ドイツ・フランクフルト開催の国際見本市
formnext 2017のご報告
2018年01月30日
NTTデータエンジニアリングシステムズとEOS GmbHは、
国内アディティブ・マニュファクチャリング事業を強化
2018年01月01日
EOS Asia User Meeting in Singaporeのご報告
2017年10月01日
世界シェアNo.1 ハイエンド3DプリンターEOSを支える
AMデザインラボの技術力とは
2017年07月01日
HANNOVER MESSE 2017
EOS社出展リポート
2017年01月01日
EOS社製3Dプリンター
造形プロセスと周辺機器について
2016年07月01日
第1回 名古屋 設計・製造ソリューション展
出展報告
2016年04月01日
インダストリアル3Dプリンティングにフォーカスした展示会
formnextとEOSの最新情報
2016年01月25日
金属3Dプリンターの小型機「EOS M 100」を販売開始
2016年01月25日
歯科医療用金属3Dプリンターの小型機
「EOS M 100 Dental」を販売開始
2016年01月01日
つなぐ・ためる・わかる技術が進化した
身の回りにあるIoTとは
2015年10月07日
歯科医療用ハイエンド3Dプリンター
「EOSINT M 270 Dental」を販売開始
2015年10月01日
「第3回 AMソリューションセミナー」のご報告
2015年06月23日
IoTを用いた製造業向けメンテナンス業務高度化の
実証実験を開始
2015年01月21日
ハイエンド3Dプリンターの早期導入を実現する
造形トレーニングプログラムを提供開始
2015年01月01日
トータルソリューションのご提案(2)
フロントローディングソリューション
2015年01月01日
EuroMoldでのEOS最新情報
2014年10月01日
トータルソリューションのご提案(1)
STLの活用例
2014年10月01日
EOS社の最新情報
2014年07月01日
3Dプリンター振興協議会が発足しました。
2014年04月01日
EUROMOLDで発表されたEOS社の新製品
2014年02月18日
世界初 3Dプリンターを用いたイヤホン量産化に対し技術協力
2013年05月07日
AMデザインラボが大阪府箕面市船場東に移転しました。
2012年10月01日
AMの使いどころ ― EOSINTを用いた事例 ―
2012年04月01日
金型用3次元冷却水管インサートの設計
2011年10月01日
EOSINTニュース
2011年04月01日
EOSINT/FORMIGAは、モノづくりの新しい道具
2011年01月01日
金型用3次元冷却水管インサートの設計
2010年10月01日
金型用3次元冷却水管インサート製作
―RPテクニカルセンターでの製作プロセス―
2010年07月01日
EOSINTリポート
2010年04月01日
EOSINTリポート
2010年01月01日
EOSINTリポート
2009年10月01日
EOSINTリポート
2009年07月01日
EOSINTリポート
2009年04月01日
EOSINTリポート
2009年01月01日
EOSINTリポート
2008年10月01日
EOSINTリポート
2008年07月01日
EOSINTリポート
2008年04月01日
EOSINTリポート
2007年10月01日
EOS社でのe-Manufacturing
2007年07月01日
EOSINTとe-Manufacturing「EOS社の新製品」
2007年04月01日
EOSINTとe-Manufacturing
「EOSINT Pの構成とオペレーション」
2007年01月01日
EOSINTとe-Manufacturing「EOSINTの活用事例 2」
2006年10月01日
EOSINTとe-Manufacturing
「EOSINT の活用事例」
2006年07月01日
EOSINTとe-Manufacturing 「EOSINTの最新情報」
2006年04月01日
EOSINTとe-Manufacturing
「EOSINTを使用した鋳造品製作」
2006年01月01日
EOSINTとe-Manufacturing
~EOSINT Mによる金属部品・金型製作~
2005年10月01日
EOSINTとe-Manufacturing
~ EOSINT Pによるプラスチック部品製作 ~
2005年07月01日
EOS社インターナショナルユーザーミーティング参加報告
2004年10月01日
EOSINT新製品のご紹介
2002年10月01日
EOSINT新製品のご紹介
2000年07月01日
EOSINT-M250 XtendedとDirectSteelのご紹介
1999年07月01日
EOSINT-Mによる成形金型製造の適用事例
1999年01月01日
ラピッド・プロトタイピングにおける鋳型の直接構造と鋳造
1996年07月01日
ラピッド・プロトタイピング新商品「EOSINT」について