人とシステム

季刊誌
NTTデータエンジニアリングシステムズが発行する
お客さまにお役に立つ情報をお届けする情報誌です。

No.54 | システム紹介
EOSINTリポート
RPシステム統括部
営業グループ
五十嵐 昌男

はじめに

このコラムでは、3次元CADデータからダイレクトに製品を造形するレーザーシンタリングRP(ラピッドプロトタイピング)システムEOSINTシリーズとFORMIGAについてのさまざまな情報を発信していきます。

「ここまで使えるとは思わなかった...。」

6月に東京ビッグサイトで開催された「第20回設計・製造ソリューション展」では、レーザーシンタリングRP/RMシステムEOSINTとFORMIGAのアプリケーションをご紹介しました。来場者の方からは「ここまで使えるとは思わなかった。」「もはやRPとは言えない。」など、アプリケーションの広さと実用性の高さを実感したとの声を聞くことができました。今号では、代表的なアプリケーションをご紹介します。

説明図
アプリケーションマップ
(上図をクリックすると拡大図が表示されます)
説明図
各RP/RM工法のポジション
(上図をクリックすると拡大図が表示されます)
幅広い活用されるEOSINT/FROMIGA
各工法の、導入コストを含む特性を活かした活用が進んでいる。

3次元形状データは直接使う

金型を使用しない部品製作(試作品など)は、RPの一般的なターゲットのひとつです。迅速さが重要なポイントの一つになる設計・開発セクションでは、3D CADを活用して3次元形状データから直接的に部品が得られるRPは非常に有効です。デザイン(形状・感触)や複雑な勘合など、3D CADだけでは検証しづらいものをはじめ、試作の現場では一般的な手法としてRPが使われています。それに加えて、物性面で優れた部品を造形できるEOSINT PシリーズとFORMIGAは、耐久性や耐熱性を求められる機能試験などで活用されています。それは、他のRPと比較して、より実践的で正確さが求められる検証の要求に応えられるからです。

また、優れた物性は試作品だけでなく、最終製品としても仕様を満たすことを実現しています。ワンオフ製品や小ロット製品などは、課題のひとつに金型のイニシャルコストがありましたが、数量や生産計画などの点で柔軟に低コストで製作することが可能になりました。これらはプラスチック部品だけでなく、金属部品においても同様です。金属部品の場合、試作品、ワンオフ製品、小ロット製品では切削加工などで製作しますが、難削材や高価な金属を採用する場合の加工技術やコストの問題を「EOSINT M270」で解決することができます。

金属部品を3次元形状データから直接的に製作できることは、設計変更時の迅速な対応だけでなく、カスタマイズ製品のバリエーションを豊富に持たせるなど、商品企画の面でもメリットがあります。

金属材料で造形できる「EOSINT M270」は、光造形や3Dプリンターでは実現不可能なアプリケーションをご提供します。

部品以外にも使う

物性に優れたEOSINT/FORMIGAは部品だけではなく、製造プロセスで必要なツール類の製作にも活用されています。

型の場合は、設計データから型の加工開始までを非常に短期間で行えることが、メリットのひとつです。また、「EOSINT M270」ではHRC50以上の硬度を持つ量産用金型を製作することが可能です。この工法を採用することで、単純な工法の置き換えではなく、より高機能な金型を製作できます。金型の高機能化は、成形工程でメリットがあり、成形サイクルタイムの短縮や成形品の高品質化をもたらします。

冶工具への適用は、現代の少量多品種に対応する生産プロセスにおいて効果的です。冶工具の製作に金型や汎用品を必要とせず、より効率的な生産に最適化された冶工具を、生産計画にあわせて必要な数量で製作することが可能です。

造形する形状の自由度が高く、造形スピードの速いEOSINT PとFORMIGAは、既存工法では実現不可能な生産プロセスをご提供します。

製造工程の「中間」を減らす

鋳造には「型を作るための型」が用いられており、試作や少量生産時のコスト削減や製作期間短縮がポイントになります。現在では、より簡易な工法を適用することで改善を図っています。しかし、EOSINT/FORMIGAでは「無くす」ことができます。

EOSINT PシリーズとFORMIGAは、ポリスチレン材料でロストワックスモデルを直接製作することで、ワックス成形型を無くすことができます。造形されたワックスは、通常のロストワックス鋳造の工程に進み、石膏やシェルモールドによる鋳造に使用されます。

「EOSINT S」は、ケイ砂やセラビーズで砂型を直接製作することで、木型や金型を無くすことができます。造形された砂型は通常の工程で使用できます。また、アンダーカットに制約されない積層造形の特徴を活かして、複雑な形状の中子を一体で製作することができ、砂型の分割数を削減できます。これにより砂型設計や組立てを省力化できるとともに、鋳造方案の自由度も向上します。

3次元形状データから直接的に部品が製作できるRP技術を、生産プロセスに組み込むことで、プロセスを大きく変えることができます。

EOS社が提案する「e-Manufacturing」ソリューション

上記の技術は、ラピッドマニュファクチャリング(以下、RM)と呼ばれる技術を応用した例です。積層造形技術は「第二次産業革命」に関わる要因のひとつとして考えられています。

私たちはRMを含む「e-Manufacturing」が、産業あるいは製造プロセスに大きな影響を与え始めているのを実感しています。

関連するソリューション

関連するソリューションの記事

2020年04月01日
Additive Manufacturingに特化した国際見本市
formnext 2019 のご報告
2020年01月01日
JAPAN EOS DAY 2019のご報告
2019年04月01日
ドイツ・フランクフルト開催の国際見本市
formnext 2018のご報告
2019年01月01日
「EOS DAY」のご報告
2018年10月01日
3Dプリンティング技術による歯科デジタルものづくり
最適な人工歯を短時間で製造可能に
2018年07月01日
革新的次世代乾式電解研磨装置
DLyte 100Iのご紹介
2018年04月02日
NTTデータエンジニアリングシステムズは、GPAINNOVA社から電解研磨装置DLyteの日本国内における独占販売権を取得
2018年04月01日
ドイツ・フランクフルト開催の国際見本市
formnext 2017のご報告
2018年01月30日
NTTデータエンジニアリングシステムズとEOS GmbHは、
国内アディティブ・マニュファクチャリング事業を強化
2018年01月01日
EOS Asia User Meeting in Singaporeのご報告
2017年10月01日
世界シェアNo.1 ハイエンド3DプリンターEOSを支える
AMデザインラボの技術力とは
2017年07月01日
HANNOVER MESSE 2017
EOS社出展リポート
2017年01月01日
EOS社製3Dプリンター
造形プロセスと周辺機器について
2016年07月01日
第1回 名古屋 設計・製造ソリューション展
出展報告
2016年04月01日
インダストリアル3Dプリンティングにフォーカスした展示会
formnextとEOSの最新情報
2016年01月25日
歯科医療用金属3Dプリンターの小型機
「EOS M 100 Dental」を販売開始
2016年01月25日
金属3Dプリンターの小型機「EOS M 100」を販売開始
2016年01月01日
つなぐ・ためる・わかる技術が進化した
身の回りにあるIoTとは
2015年10月07日
歯科医療用ハイエンド3Dプリンター
「EOSINT M 270 Dental」を販売開始
2015年10月01日
「第3回 AMソリューションセミナー」のご報告
2015年06月23日
IoTを用いた製造業向けメンテナンス業務高度化の
実証実験を開始
2015年01月21日
ハイエンド3Dプリンターの早期導入を実現する
造形トレーニングプログラムを提供開始
2015年01月01日
EuroMoldでのEOS最新情報
2015年01月01日
トータルソリューションのご提案(2)
フロントローディングソリューション
2014年10月01日
EOS社の最新情報
2014年10月01日
トータルソリューションのご提案(1)
STLの活用例
2014年07月01日
3Dプリンター振興協議会が発足しました。
2014年04月01日
EUROMOLDで発表されたEOS社の新製品
2014年02月18日
世界初 3Dプリンターを用いたイヤホン量産化に対し技術協力
2012年10月01日
AMの使いどころ ― EOSINTを用いた事例 ―
2012年04月01日
金型用3次元冷却水管インサートの設計
2011年10月01日
EOSINTニュース
2011年04月01日
EOSINT/FORMIGAは、モノづくりの新しい道具
2011年01月01日
金型用3次元冷却水管インサートの設計
2010年10月01日
金型用3次元冷却水管インサート製作
―RPテクニカルセンターでの製作プロセス―
2010年07月01日
EOSINTリポート
2010年04月01日
EOSINTリポート
2010年01月01日
EOSINTリポート
2009年10月01日
EOSINTリポート
2009年04月01日
EOSINTリポート
2009年01月01日
EOSINTリポート
2008年10月01日
EOSINTリポート
2008年07月01日
EOSINTリポート
2008年04月01日
EOSINTリポート
2007年10月01日
EOS社でのe-Manufacturing
2007年07月01日
EOSINTとe-Manufacturing「EOS社の新製品」
2007年04月01日
EOSINTとe-Manufacturing
「EOSINT Pの構成とオペレーション」
2007年01月01日
EOSINTとe-Manufacturing「EOSINTの活用事例 2」
2006年10月01日
EOSINTとe-Manufacturing
「EOSINT の活用事例」
2006年07月01日
EOSINTとe-Manufacturing 「EOSINTの最新情報」
2006年04月01日
EOSINTとe-Manufacturing
「EOSINTを使用した鋳造品製作」
2006年01月01日
EOSINTとe-Manufacturing
~EOSINT Mによる金属部品・金型製作~
2005年10月01日
EOSINTとe-Manufacturing
~ EOSINT Pによるプラスチック部品製作 ~
2005年07月01日
EOS社インターナショナルユーザーミーティング参加報告
2004年10月01日
EOSINT新製品のご紹介
2002年10月01日
EOSINT新製品のご紹介
2000年07月01日
EOSINT-M250 XtendedとDirectSteelのご紹介
1999年07月01日
EOSINT-Mによる成形金型製造の適用事例
1999年01月01日
ラピッド・プロトタイピングにおける鋳型の直接構造と鋳造
1996年07月01日
ラピッド・プロトタイピング新商品「EOSINT」について