人とシステム

季刊誌
NTTデータエンジニアリングシステムズが発行する
お客さまにお役に立つ情報をお届けする情報誌です。

No.75 | トピックス
EOS社の最新情報
営業本部 AMビジネスユニット 営業部
事業戦略課 竹内 典子

はじめに

EOS社は今年創立25周年を迎え、完成したばかりの新社屋で、2014年7月17日に25周年記念式典が開催されました。また、式典に先だって、IDT2014(International Distributor Training)が2014年6月23日から4日間開催されました。世界20ヶ国から代理店が一同に会し、私たちも新機種や販売戦略の研修を受けましたので、ここではEOS社の最新情報をご紹介します。

EOS社 新社屋

新社屋
新社屋

 

EOS社はドイツのミュンヘン郊外に位置し、新社屋は旧社屋のすぐ隣に建設されました。1,7000㎡のフロア面積を有し、事業拡大に伴う300人の増員が可能なキャパシティーがあります。「テクノロジー&カスタマーセンター」として、開発・営業、および新設されたコンサルティング部門の拠点であり、かつ最先端のAM工場のモデルとなるべく設計されています。

1階には大きなショールームが設けられ、稼働中の装置を見学することができます。今後、新機種のEOS M 290、EOS M 400も展示される予定です。このショールームから奥へと続く、材料のハンドリング、後処理のラインは、製造ラインとしてのAM工場のあり方を提案する構成となっています。

R&Dスペースはラボが併設され、ここでも様々な開発が行われています。現在40台の造形機が研究開発のためにすでに設置され、将来は70台以上が稼働する予定となっています。他の造形機メーカーと比較をしてもその規模感は圧倒的です。

造形機の導入目的が試作から生産技術へとシフトしていく中で、さらなる技術革新、差別化への取り組みが行われています。

新機種の紹介

EOS P 396
EOS P 396
EOS M 290
EOS M 290

 

2014年は金属(Mシステム)とプラスチック(Pシステム)の両方で新機種が発売されます。

EOSINT P 395の後継機であるPシステムのEOS P396は、リコータブレードの改良、造形プロセスの改善、ヒーティングやリコーティングの時間を短縮したことで、従来と比較すると造形時間が最大50%以上も短縮されています。

Mシステムについては、中型機のEOS M 290と大型機EOS M 400がリリースされる予定です。

新機種には主に3つの改良点があります。1つは、製品製造装置として重要不可欠な1層ごとのモニタリングなど品質管理機能が強化されたことです。2つ目は、フィルターシステムの改良などにより、装置のランニングコストを抑える工夫が施されたこと、3つ目は、運用中の安全強化です。

EOS M 400は、単純に造形サイズが大きくなるだけでなく本格的な量産を意識し、プラットフォームのセットアップから材料の取り出しなどが自動化されています。

今回の研修では、EOS社が製造装置としてAdditive Manufacturingの産業をリードしていくという強い意思を感じました。

また、EOS社のビジネスがよりグローバル化していることや、1社当たりの保有台数が多い企業が増えつつある状況を知ることができました。

関連するソリューション

関連するソリューションの記事

2020年04月01日
Additive Manufacturingに特化した国際見本市
formnext 2019 のご報告
2020年01月01日
JAPAN EOS DAY 2019のご報告
2019年04月01日
ドイツ・フランクフルト開催の国際見本市
formnext 2018のご報告
2019年01月01日
「EOS DAY」のご報告
2018年10月01日
3Dプリンティング技術による歯科デジタルものづくり
最適な人工歯を短時間で製造可能に
2018年07月01日
革新的次世代乾式電解研磨装置
DLyte 100Iのご紹介
2018年04月02日
NTTデータエンジニアリングシステムズは、GPAINNOVA社から電解研磨装置DLyteの日本国内における独占販売権を取得
2018年04月01日
ドイツ・フランクフルト開催の国際見本市
formnext 2017のご報告
2018年01月30日
NTTデータエンジニアリングシステムズとEOS GmbHは、
国内アディティブ・マニュファクチャリング事業を強化
2018年01月01日
EOS Asia User Meeting in Singaporeのご報告
2017年10月01日
世界シェアNo.1 ハイエンド3DプリンターEOSを支える
AMデザインラボの技術力とは
2017年07月01日
HANNOVER MESSE 2017
EOS社出展リポート
2017年01月01日
EOS社製3Dプリンター
造形プロセスと周辺機器について
2016年07月01日
第1回 名古屋 設計・製造ソリューション展
出展報告
2016年04月01日
インダストリアル3Dプリンティングにフォーカスした展示会
formnextとEOSの最新情報
2016年01月25日
金属3Dプリンターの小型機「EOS M 100」を販売開始
2016年01月25日
歯科医療用金属3Dプリンターの小型機
「EOS M 100 Dental」を販売開始
2016年01月01日
つなぐ・ためる・わかる技術が進化した
身の回りにあるIoTとは
2015年10月07日
歯科医療用ハイエンド3Dプリンター
「EOSINT M 270 Dental」を販売開始
2015年10月01日
「第3回 AMソリューションセミナー」のご報告
2015年06月23日
IoTを用いた製造業向けメンテナンス業務高度化の
実証実験を開始
2015年01月21日
ハイエンド3Dプリンターの早期導入を実現する
造形トレーニングプログラムを提供開始
2015年01月01日
トータルソリューションのご提案(2)
フロントローディングソリューション
2015年01月01日
EuroMoldでのEOS最新情報
2014年10月01日
トータルソリューションのご提案(1)
STLの活用例
2014年07月01日
3Dプリンター振興協議会が発足しました。
2014年04月01日
EUROMOLDで発表されたEOS社の新製品
2014年02月18日
世界初 3Dプリンターを用いたイヤホン量産化に対し技術協力
2013年05月07日
AMデザインラボが大阪府箕面市船場東に移転しました。
2012年10月01日
AMの使いどころ ― EOSINTを用いた事例 ―
2012年04月01日
金型用3次元冷却水管インサートの設計
2011年10月01日
EOSINTニュース
2011年04月01日
EOSINT/FORMIGAは、モノづくりの新しい道具
2011年01月01日
金型用3次元冷却水管インサートの設計
2010年10月01日
金型用3次元冷却水管インサート製作
―RPテクニカルセンターでの製作プロセス―
2010年07月01日
EOSINTリポート
2010年04月01日
EOSINTリポート
2010年01月01日
EOSINTリポート
2009年10月01日
EOSINTリポート
2009年07月01日
EOSINTリポート
2009年04月01日
EOSINTリポート
2009年01月01日
EOSINTリポート
2008年10月01日
EOSINTリポート
2008年07月01日
EOSINTリポート
2008年04月01日
EOSINTリポート
2007年10月01日
EOS社でのe-Manufacturing
2007年07月01日
EOSINTとe-Manufacturing「EOS社の新製品」
2007年04月01日
EOSINTとe-Manufacturing
「EOSINT Pの構成とオペレーション」
2007年01月01日
EOSINTとe-Manufacturing「EOSINTの活用事例 2」
2006年10月01日
EOSINTとe-Manufacturing
「EOSINT の活用事例」
2006年07月01日
EOSINTとe-Manufacturing 「EOSINTの最新情報」
2006年04月01日
EOSINTとe-Manufacturing
「EOSINTを使用した鋳造品製作」
2006年01月01日
EOSINTとe-Manufacturing
~EOSINT Mによる金属部品・金型製作~
2005年10月01日
EOSINTとe-Manufacturing
~ EOSINT Pによるプラスチック部品製作 ~
2005年07月01日
EOS社インターナショナルユーザーミーティング参加報告
2004年10月01日
EOSINT新製品のご紹介
2002年10月01日
EOSINT新製品のご紹介
2000年07月01日
EOSINT-M250 XtendedとDirectSteelのご紹介
1999年07月01日
EOSINT-Mによる成形金型製造の適用事例
1999年01月01日
ラピッド・プロトタイピングにおける鋳型の直接構造と鋳造
1996年07月01日
ラピッド・プロトタイピング新商品「EOSINT」について