人とシステム

季刊誌
NTTデータエンジニアリングシステムズが発行する
お客さまにお役に立つ情報をお届けする情報誌です。

No.97 | お客様事例
試作開発の対応力とスピードが強み

タイメック株式会社様は、自動車を中心としたさまざまな分野において、試作部品の開発、三次元レーザ加工、治具の設計製作を手掛ける板金・プレス加工の技術集団です。同社が強みとするハイスピードな対応を支えているのが、設計、加工、組み立て、検査までの一貫した生産体制や最先端設備、ノウハウを集積した技術力です。今回は、金型設計でご活用いただいているSpace-E、Manufacturing-Spaceのデータコンシェルジュサービス、CADデータチェッカーについて、その役割や効果についてお話を伺いました。

板金・プレス加工に特化した
対応力とスピードが強み

タイメック株式会社 代表取締役社長 田中 健裕 様
タイメック株式会社
代表取締役社長
田中 健裕 様

創業から50年を迎えるタイメック株式会社様は、社名の由来である"タイム+チャレンジ"を事業展開の根幹とし、その時々に必要とされる価値ある製品をタイムリーに提供し続けています。同社の主力事業は、自動車関連の板金・プレス部品の試作開発です。試作開発は、自動車以外にも建設機械、農業機械、産業機械などさまざまな業種に広げています。その他に、三次元レーザ加工、治具設計・製造、モニュメント製作など、幅広く板金・プレス加工を手掛けています。

同社の拠点は、岡山県総社市に本社工場と吉備工場、福岡県に久留米工場、神奈川県に湘南工場と平塚工場、埼玉県にさいたま営業所があり、おのおのの特長を生かした役割を担っています。

同社の強みの一つとして、最先端設備の導入があります。代表取締役社長の田中健裕様は、三次元レーザ加工機を1985年に導入した経緯を話します。「当時の社長である創業者は、国内の技能オリンピックで2位入賞するほどの叩き出し板金技術の実力を持ちながら、新技術への関心が高く、三次元レーザ加工機の特長にいち早く着目していました。当時は、社運を懸けるほどの高価な投資で、他社に先駆け岡山県での初導入でもありました。現在、三次元レーザ加工機は台数を大幅に増やし、複雑な形状を加工するノウハウが当社の技術力となっています」。同じように、CAD/CAM/CAE、マシニングセンターなども最先端設備を導入し、熟練した技術者が揃っています。

タイメック株式会社 取締役副社長 田中 英裕 様
タイメック株式会社
取締役副社長
田中 英裕 様

取締役副社長の田中英裕様は、同社の対応力とスピードについて、「営業活動からスピードが重要だと考えています。当社は、営業力を強化するために岡山、福岡、神奈川、埼玉の営業を統合して営業本部と位置づけ、どの拠点からでも全国のお客さまに対応できる体制にしています。急なご相談があった場合でも、その日中に訪問することを心掛けています」。このような姿勢がお客さまからの高い評価につながっています。

さらに、提案力とそれを実現する技術力について、田中英裕副社長は、「試作品を設計して加工するだけではなく、支給いただいたデータや図面から形状や工法が量産に適しているのかを判断しています。試作品はできても量産には厳しいときは、別案をご提案しているので、お客さまに喜ばれています」と話します。

本社工場
本社工場
自動車部品関連の試作品
自動車部品関連の試作品

会社全体で使用するCADを
Space-Eに集約

タイメック株式会社 吉備工場 製造部 金型製造課 課長 西村 賢持 様
タイメック株式会社
吉備工場 製造部 金型製造課
課長
西村 賢持 様

2008年のリーマンショックを機に、関連会社の統合を図り、田中健裕様が三代目社長、田中英裕様が副社長という現体制で事業を再スタートしました。その際、吉備工場へ金型関連を集約すると同時に、金型設計のCADが統一され、そこで選ばれたのがSpace-Eでした。

吉備工場の製造部金型製造課の課長を務める西村賢持様に、当時の状況を伺うと「それまで私は、別のCADを使っていたのですが、Space-Eは金型に特化し、ソリッドモデルとサーフェイスモデルの両方に対応している点が非常に使いやすいと聞いていました。その上、操作性も優れているので、治具設計にも使っていこうと、全社のメインとなるCADにSpace-Eが決まりました」と振り返ります。

Space-Eは、現在クラウドネットワークライセンスサービスを11本導入しています。

その他に、見込み変形モデリングやブランク展開のSpace-E/Global DeformationやSpace-E/Press(プレス工程設計向け)を利用しています。

タイメック株式会社 吉備工場 製造部 金型製造課 設計グループ 桑田 忠 様
タイメック株式会社
吉備工場 製造部 金型製造課
設計グループ
桑田 忠 様

全社でSpace-Eを使っている状況について西村課長は、「Space-Eは、吉備工場で金型設計に使用することが多いのですが、本社工場、久留米工場などの他工場でも積極的に設計に使っていこうとしています。Space-Eのソフトウエアをインストールすれば、どこでも使えるクラウドネットワークライセンスの利点を生かして全社でライセンスを有効活用しています」と説明します。

吉備工場製造部金型製造課設計グループで設計業務を担っている桑田忠様は、「お客さまから提供されるデータを変換し、Space-Eに取り込んで作業しています。直感的に操作しやすく、3次元形状を作り上げていく工程が分かりやすいと感じています。金型設計をする場合、まず、製品データを元にして板の表と裏にサーフェイスを分けます。そして、金型同士の当たり面や板の入り込む形状に色を付けて肉付けしていくという操作になります。使い勝手が良いSpace-Eは、視覚的に形状を作成できます。」とSpace-Eの利点を話します。

Space-Eで設計した自動車部品の試作品
Space-Eで設計した自動車部品の試作品
吉備工場の設計室
吉備工場の設計室

データコンシェルジュサービスと
CADデータチェッカーで作業の効率化を実現

CADデータチェッカーの自動修復例
CADデータチェッカーの自動修復例
(クリックすると拡大画像が表示されます)

支給データを変換して利用する場合、サーフェイスの不具合が発生することが多々あります。同社は、この不具合を回避するため、データコンシェルジュとCADデータチェッカーを活用しています。導入の経緯を西村課長に伺いました。「以前、お客さまから支給されたデータをIGESやSTEPに変換してSpace-Eに取り込むとサーフェイスの不具合が発生することがありました。本来なら1枚のサーフェイスのはずが壊れた複数のサーフェイスで構成されたり、歪んだサーフェイスになったりしていました。それを手作業で修正するので、数分で終わることもあれば半日から1日かかることもありました。そのようなとき、NDESからCADデータチェッカーを紹介され、実際に問題のあるデータで試したところ、不具合のあるサーフェイスが自動修復されたのです。すぐに当社の役員会に提案して導入しました」。

実際、作業を行っていた桑田様によると、「特にディンプル形状で構成されているモデルは、壊れたサーフェイスをひとつずつ作成し直す作業を繰り返していたので、時間と労力が必要でした。それが、CADデータチェッカーなら一瞬で全部の面修正ができるので、作業の効率化が図れています。また、金型設計のデータをCAM工程に渡すときも、必ずCADデータチェッカーを通しています。これにより、CAM側からのサーフェイスの修正依頼が半減しました。さらに、モデルデータとしてファイルサイズが小さくなり、扱いやすくなるメリットもCADデータチェッカーにはあります」と導入の利点を説明します。今後は、変換時の不具合が発生したときだけでなく、データを受け渡すときは、必ずCADデータチェッカーに通すことを作業工程に組み込むとのことです。

同社のデータコンシェルジュの利用状況として、お客さまから提供いただいたデータをクラウドで自動保存するテストを始めています。有効な利活用は他にもあり桑田様は、「お客さまに金型のデータをフィードバックするとき、データコンシェルジュのファイル転送機能を使います。転送前にCADデータチェッカーに通して、それをクラウドに上げて転送するという統一した流れを全員が行っています。信頼のあるNTTデータグループのクラウドサーバーを使っているということで、お客さまにも安心していただいています」と話します。

人が育たなければ企業は育たない
社員満足度を最優先に

田中健裕様が社長に就任した当初、従業員に対して多くの悩みがあったと言います。「その頃の従業員は、リーマンショックで仕事がなく残業ゼロでは収入が低いから辞める、業績が良くなり仕事が増えると忙しいのは嫌だと辞めていました。どうしたら従業員がまとまるのか手探り状態で悩んでいた2010年、岡山県出身で京セラ3代目社長の伊藤謙介氏による県内の若手経営者向けの勉強会に参加し、企業理念の大切さを学ぶことができました」。そして、"情熱と信念を持って行動し、社会の発展に貢献することにより全社員を幸福にする!"という同社の経営理念が掲げられました。

田中健裕社長は、従業員に幸せになってもらう会社を作ることが目的であり、"ES(従業員満足)なくしてCS(顧客満足)なし"という信条を、すべての従業員に浸透させています。具体的な取り組みの一部に、経営計画書の配布と環境整備があります。手帳サイズの経営計画書は経営理念や方針、ルールブック、スケジュールなどを明記したもので、全社員に配るだけでなく月に1回の勉強会も行われています。毎年更新されている経営計画書には、社員の誕生日の記載もあります。

もう一つが整理整頓による環境整備です。田中健裕社長によると「朝礼後の15分間、業務時間内に掃除を行います。毎朝コツコツと8年間も続けているうちに従業員の意識も変わり、他には負けない環境整備を実現していると自負しています。経営計画書の勉強会もそうですが、朝の掃除などを続けることで、お客さまからの信頼にもつながっています」と話します。

ESの向上に取り組むということは、従業員の声に耳を傾けることでもあります。田中健裕社長は「現場の改善には担当者の考え方を最優先に反映すべきだと考えて、要望があれば稟議書を役員会へ上げるように指示しています。提案には必ず目を通し、必要と感じればすぐに着手します。金型部門からの最近の稟議書の中には、西村課長のCADデータチェッカー導入の提案がありました」と現場の声を大切にされています。

吉備工場内 社員の皆さま
吉備工場内 社員の皆さま
各拠点ごとの会社イメージポスター(吉備工場編)
各拠点ごとの会社イメージポスター(吉備工場編)

NDESへの期待

"誰も作ったことのないものを作る仕事"が試作だという田中健裕社長は、従業員に失敗を早くするよう促しています。「試作開発は失敗する確率も高いので、とにかく早く行動に移せば、失敗してもリカバリの時間もできます。失敗から学ぶことが独自性であり試作メーカーの生命線とも言えます。今後も新しいことにチャレンジするためにも、NDESにはご協力をお願いします」。

田中英裕副社長も「現場が試行錯誤を続ける中で、Space-Eやデータコンシェルジュを使って、効率良く作業できるようにコミュニケーションをNDESと密に行い、当社に合った提案を期待しています」と話します。

さらに、西村課長と桑田様は、Space-Eのサーフェイスからソリッドへの連携について、より使いやすくなることに期待を寄せます。

タイメック様は、試作開発のさらなるレベルアップに取り組まれます。私たちがその一助となれれば幸いです。

会社プロフィール

タイメック株式会

URL http://timec.co.jp/(外部サイトへ移動します)

本社 岡山県総社市西郡197-1
設立 1975年6月(開業 1970年8月)
資本金 30,000,000円
社員数 133名(非正規社員含)
事業内容 試作開発部品製造・レーザ加工・治具設計製作
拠点 本社工場、吉備工場、久留米工場、湘南工場、さいたま営業所、平塚工場

関連するソリューション

関連するソリューションの記事

2020年04月01日
大連永華技術有限公司と中国における代理店契約締結
-日軟信息科技(上海)有限公司の閉鎖について-
2020年04月01日
Manufacturing-Space® Version 4.5
新機能のご紹介
2020年02月18日
ものづくり業界向けクラウドサービス
「Manufacturing-Space®」最新Version 4.5を提供開始
~ローカル端末とクラウド間で柔軟なデータ連携を実現~
2020年01月01日
製造業の課題解決セミナーのご案内
「業務効率化のためのデータ利活用」と「3Dスキャナーによるリバースエンジニアリングの有効活用」
2019年10月01日
Manufacturing-Space® Version 4.4
サービスインのお知らせ
2019年09月24日
ものづくり業界向けクラウドサービス
「Manufacturing-Space®
最新Version 4.4をサービスイン
2019年07月01日
Space-E Version 5.8リリースのお知らせ
~自動化に向けて進化する~
2019年06月26日
金型設計・製造業界向けCAD/CAMシステム「Space-E」
最新Version 5.8をリリース
2019年04月01日
Space-E
マルチスレッド技術による
特殊隅取りモーフィングモードの高速化
2019年04月01日
Manufacturing-Space® Version 4.3 新機能のご紹介
2019年01月01日
CAD/CAMシステムオンラインサポートサイト
e-support リニューアル公開のお知らせ
2019年01月01日
Manufacturing-Space Ver.4.2 データコンシェルジュサービスの事例
Windowsフォルダとの同期によりBCPを実現
2018年10月01日
Space-E Version 5.7リリースのお知らせ
~5軸加工機能の強化と特殊隅取りの改善~
2018年10月01日
Manufacturing-Space® Version 4.2
サービスインのお知らせ
2018年10月01日
ものづくり業界向けクラウドサービス
「Manufacturing-Space®
最新Version 4.2をサービスイン
2018年10月01日
金型設計・製造業界向けCAD/CAMシステム「Space-E」
最新Version 5.7をリリース
2018年07月01日
経済産業省のプロジェクト参加報告
「標準の利用/活用推進委員会」の活動について
2018年07月01日
ものづくり業界向けクラウドサービス
Manufacturing-Space® Version 4.1サービスイン
2018年04月01日
NTTDATA (Thailand) co., ltd. 活動報告
2018年04月01日
沖縄マニファクチャリングラボの取り組み
5軸加工機能の強化および実用化に向けて
2018年01月01日
ものづくり業界向けクラウドサービス「Manufacturing-Space」
働き方を変える! クラウドを利用してテレワークを実現
2017年10月01日
Manufacturing-Space® Version 4.0 新サービス開始
データ品質管理サービス「CADデータチェッカー」
2017年09月05日
ものづくり業界向けクラウドサービス「Manufacturing-Space」の 3次元CADデータ管理機能に「CADdoctor」のモデル検証・修復機能を搭載
2017年07月01日
Manufacturing-Space®が目指す
方向とロードマップ
2017年07月01日
クラウドを利用した
「ものづくり産業」の生産性向上
2017年04月01日
Space-E Ver.5.6リリースのお知らせ
~沖縄マニファクチャリングラボの研究成果を反映~
2017年01月01日
5軸加工への取り組み
沖縄マニファクチャリングラボにおける
5軸加工機能の技術開発
2016年07月01日
第1回 名古屋 設計・製造ソリューション展
出展報告
2016年04月01日
樹脂流動CAE システム
“Timon Mold Designer”、“3D TIMON”と
東レエンジニアリングの解析技術のご紹介
2016年04月01日
Manufacturing-Space Ver.3.5新サービス開始
解析・リバース・コミュニケーション
~ものづくりに有効な新サービスを追加~
2016年04月01日
Space-E Version 5.5リリースのお知らせ
~生産準備業務の効率化を目指す~
2016年02月22日
ものづくり業界向け「オートサーフェス」サービスを提供開始
2016年01月01日
沖縄マニファクチャリングラボにおける
5軸加工機能の技術開発
2015年10月01日
Manufacturing-Space® Version 3.0サービスインのお知らせ
統合型クラウドファイル管理サービス
「データコンシェルジュサービス」の開始
2015年07月01日
トータルソリューションのご提案(4)
PDMを活用した鍛造解析向けトータルソリューション
2015年07月01日
Space-E Version 5.4 リリースのお知らせ
~まずは削ることから刷新~
2015年04月01日
トータルソリューションのご提案(3)
NDESがご提案するトータルソリューションとは
2015年01月01日
マニファクチャリングラボ(沖縄)の取り組みについて
2015年01月01日
トータルソリューションのご提案(2)
フロントローディングソリューション
2014年10月01日
CAXA社との協業について
2014年10月01日
トータルソリューションのご提案(1)
STLの活用例
2014年10月01日
Manufacturing-Space® Version 2.0リリース
~あらゆるデータをいつでもどこでも、もっと自由に!~
2014年07月01日
Space-E Version 5.3 リリースのお知らせ
2014年01月14日
クラウドサービス「Manufacturing-Space®
PDMサービスの「Web」と「iPad」閲覧機能の拡充
2014年01月01日
Manufacturing-Space® Version 1.5リリース
~あらゆるデータをいつでもどこでも、もっと自由に!~
2013年10月25日
金型業界初のクラウドサービス
Manufacturing-Space®の提供を開始
~あらゆるデータをいつでもどこでも、もっと自由に!~
2013年09月25日
金型業界初のクラウドサービス「Manufacturing-Space®
10月1日サービス開始
2013年07月10日
東南アジア地域における
Space-E販売代理店の支援強化について
2013年04月01日
安倍首相がオバマ大統領に贈ったパターは、
Space-Eをご利用いただいています
「有限会社 山田パター工房」様が製作したパターです
2013年02月25日
Space-E Version 5.2 をリリースしました。
新機能の詳細は、人とシステムの記事をご覧ください。
2012年10月01日
雲をつかむような話し
2012年01月01日
導入支援レポート(第11回)
Space-E/Moldにおけるカスタマイズについて(2)
2011年10月01日
Space-E Version 5.1 新機能のご紹介
2011年10月01日
導入支援レポート(第10回)
Space-E/Moldにおけるカスタマイズについて(1)
2011年10月01日
Space-Eで実現する
デジタルエンジニアリングにおける4つのCサイクル
2011年07月01日
導入支援レポート(第9回)
Space-Eにおけるプレス金型向けユニット部品構築方法(2)
2011年04月01日
Space-E Version 5.0 新機能のご紹介
2011年04月01日
導入支援レポート(第8回)
Space-Eにおけるプレス金型向けユニット部品構築方法(1)
2011年01月01日
5軸加工およびSpace-E/5Axisのメリット
2011年01月01日
導入支援レポート(第7回)
Space-Eによる3次元金型設計を中心としたシステム構築
2010年10月01日
3次元CAD/CAM/CAE一体型システム
Space-E/Pressのご紹介
2010年10月01日
導入支援レポート(第6回)
Space-Eによる3次元金型設計の実現(3)
2010年07月01日
導入支援レポート(第5回)
Space-Eによる3次元金型設計の実現(2)
2010年04月01日
Space-E Version 4.9 新機能のご紹介
2010年04月01日
導入支援レポート(第4回)
Space-Eによる3次元金型設計の実現(1)
2010年01月01日
Space-Eの有効活用「電極設計の効率化」
2009年10月01日
Space-EとDr.工程との連携
設計部門から製造部門へ、情報伝達の正確性アップと時間短縮のご提案
2005年07月01日
Space-E最新バージョンのご紹介
2005年01月01日
Space-E Version 4.3のご紹介
2004年07月01日
Space-E Version 4.2 Modeler & CAMのご紹介
2004年04月01日
Space-E/Global Deformation Version 1.0のご紹介
2002年04月01日
Space-E Version 3.1のご紹介
2002年04月01日
Space-E/STEPのご紹介
2001年07月01日
Space-E最新バージョンのご紹介
2001年07月01日
Space-E/Mold Version 2.0のご紹介
2000年10月01日
Space-E/SolidCAMの紹介
2000年07月01日
Space-E/Moldのご紹介
2000年04月01日
Space-E Version 2.1 のご紹介
1999年10月01日
WindowsNT版 製図支援システム Space-E/Draw のご紹介
1999年07月01日
Space-E Version 2.0 最新機能紹介と今後の展望
1999年01月01日
Space-Eのご紹介