人とシステム

季刊誌
NTTデータエンジニアリングシステムズが発行する
お客さまにお役に立つ情報をお届けする情報誌です。

No.74 | システム紹介
建設・エンジニアリング業/受注生産型製造業向け基幹業務ソリューション
Project-Spaceのご紹介
営業本部 ERPビジネスユニット 営業部
部長 芦澤 悟

はじめに

日本の製造業の生産方式は、自動車や家電製品に代表される大量生産型と造船や土木・建設・プラント、金型製作などに代表される個別受注生産型に大別されます。

大量生産の分野では、近年、タイ、インドネシア、中国などのアジア企業に生産の拠点をシフトする傾向があります。一方、個別受注生産の分野においては、顧客の要求納期にあわせた納品や顧客の望む条件に合わせたサービス対応をすることで、国内製造業の優位性を高めようとしています。このために、業務の効率化や経営の全体最適を行う必要があり、それを支援する手段のひとつがERP(Enterprise Resource Planning)による基幹業務システムの構築です。

私たちは、エンジニアリング業界、建設業界や造船業界の100社を超える大手のお客様にOracle社のEBSをベースとしたERPソリューションをご提供してきました。

このたび、その実績で得た個別受注生産型の業務ノウハウをもとにして、中堅企業のお客様にも幅広くご利用いただける短期導入可能な純国産ERPパッケージ「Project-Space」を開発し、販売を開始(2014年10月リリース予定)します。

個別受注生産型企業の特徴

プラント設備設計などのエンジニアリング業、建設業や造船業では、工事(プロジェクト)ごとに製品が異なるため、受注額に対する費用(原価)の統制が特に重要となります。すなわち、総原価の見積方法、プロジェクト進捗度の把握、発生原価の集計、総原価の適時適切な修正、さらには損失が見込まれる場合の引当金計上についてのルールの策定、ワークフローの導入など、内部統制に則った仕組みが必要となります。

このことから、個別受注生産型の企業特有の要件として以下の機能が必要になり、「Project-Space」は、この機能を全て備えています。

  • 損益管理機能
  • 予実算管理機能
  • 原価の配賦機能
  • 契約と工事との柔軟な関連付け機能
  • 完成売上基準・工事進行基準等の売上計上機能
  • 一部支払い保留などの特殊な支払条件への自動対応機能

Project-Spaceの特長

図1 Project-Spaceのモジュール構成
図1 Project-Spaceのモジュール構成
(クリックすると拡大画像が表示されます)

「Project-Space」のモジュール構成を図1に示します。「Project-Space」は、intra-martをプラットフォームとして開発されたBiz∫(ビズインテグラル)をベースとして、個別受注生産型企業様向けの機能を実装したERPソリューションです。

「Project-Space」では、図1に示すモジュール単位でシステムの導入ができるため、お客様ごとに使用するモジュールを設定するなど、導入コストに応じた「スモール・スタート」が可能です。

それでは、各モジュールの機能概要をご紹介します。

受注契約

契約した工事(プロジェクト)の情報を入力します。その際、ひとつの契約を複数の工事に分けたり、逆に複数の契約でひとつの工事を行うなど、さまざまなパターンで契約番号と工事番号を関連付けることができます。

売上の基準は「工事完成基準」、「工事進行基準」、「工事部分完成基準」に対応しています。

原価計算

工事ごとに実行予算を登録します。これにより、工事ごとの予定原価と実際原価の差異や着地見込を把握することができます。

実行予算と発生した実際原価から進捗率を算出し、工事進行基準の売上高を自動計算することができます。
振替工事を登録し、振替高を設定することで、売上高・振替高を任意の時点で仕訳することができます。

購買管理

取引先業者への購買依頼、発注、仕入れ、検収処理を行います。
発注はプロジェクト単位で行うことが可能です。

発注時に指定した一部支払保留率に応じて、発注単位に完納となるまで、検収金額の一部を自動で支払保留にできます。また、完納時に自動で保留解除を行います。

在庫管理

入荷、仕入、入出庫、棚卸しの処理を行います。
検収前の予定在庫の管理も可能です。

「総平均法」、「個別原価法」、「標準原価法」による原価計算に対応しています。

一般会計

日次・月次業務、決算報告、税申告を行います。
各部門からの振替依頼などの帳票を同じ体系の中で管理することができます。

債権管理

債権の計上、請求、入金、消込、残高管理を行います。
完成工事未収入金と未成工事受入金の自動相殺ができます。

債務管理

債務の計上、債券、前渡金、立替金相殺、支払、残高管理を行います。
契約書や検収証憑などの帳票を同じ体系の中で管理することができます。

資産管理

資産取得、減価償却、現物管理、除売却、減損、税申告を行います。
リース物件の登録、契約変更、契約満了・再契約も可能です。

その他

図2 共通的な画面構成
図2 共通的な画面構成
(クリックすると拡大画像が表示されます)

フレームワークとして高い実績を持つintra-mart上で構築しているので、「Project-Space」とポータル画面やスケジューラなどが共通的な画面構成となり、運用効率の向上が期待できます(図2)。

一般会計、購買管理、債権管理、債務管理のさまざまな手続きを金額や組織に応じた承認ワークフローとして設定することで、タイムリーで漏れのない処理ができます。

また、各モジュールでは、受注契約、検収、実行予算等のデータを会計業務や営業・製造現場で利用率の高いExcelのフォーマットから一括処理ができます。これにより、オフラインの業務との併用が可能です。

おわりに

私たちは、これまで100社を超えるお客様にERPをご提供してきました。そこでの貴重な経験をもとに個別受注生産型製造業のお客様に導入しやすい純国産ERPとして、「Project-Space」をご提案できることになりました。

私たちが蓄積してきた製造業のお客様の業務ノウハウ、そして、NTTデータグループが持つ高度なマネージメント能力、お客様の業務運用を支援する能力、これらの総力を結集することで製造業界のお客様にとっての「ワンストップサービス」をNDESはご提供いたします。

業界適合率No.1のERPと自負できる「Project-Space」の誕生にご期待ください。

関連するソリューション

関連するソリューションの記事

2020年06月29日
〈Webセミナー〉
設備工事・エンジニアリング業及び受注生産型製造業様向け
新収益認識基準への対応と業界特化型ソリューションのご紹介
2020年01月01日
Project-Space® Version 2.3
新機能のご紹介
2019年01月01日
プロジェクト型事業における
働き方改革と業務効率向上の両立と実現
「業界に特化したERPとBPMソリューションのご紹介」
セミナーの報告
2018年12月26日
「Biz∫Project-Space」で内海造船の基幹システムを更改
2018年01月01日
設計変更で発生する 現場の混乱/納期遅延/コスト増加
3大課題の一気解決セミナー開催のご報告
2017年04月01日
「受注設計製造プロセス統合ソリューション」のご紹介
~3DEXPERIENCE Platform ENOVIA V6とProject-Spaceの連携~
2015年10月01日
建設・エンジニアリング業/受注生産型製造業向け基幹業務ソリューション
Project-Space® Version 2リリースのお知らせ
2014年10月01日
株式会社 NTTデータ イントラマート 様 /
株式会社 NTTデータ ビズインテグラル 様
社内ベンチャーから上場企業へ、
お客様の業務を最適化するシステム基盤を提供
2014年10月01日
建設・エンジニアリング業/受注生産型製造業向け基幹業務ソリューション
Project-Space®の販売を開始
2014年04月15日
建設・エンジニアリング業/受注生産型製造業に特化した
基幹業務ソリューション「Project-Space」を提供開始