人とシステム

季刊誌
NTTデータエンジニアリングシステムズが発行する
お客さまにお役に立つ情報をお届けする情報誌です。

No.75 | システム紹介
トータルソリューションのご提案(1)
STLの活用例
営業本部 地域営業統括部 東日本営業部
部長 北田 幸雄

はじめに

現在の日本の製造業の現状は、メーカーの海外進出が加速し続け、事業所、従業員の減少を招いており、日本国内の事業所においてもグローバル競争に巻き込まれ、高品質、短納期、低価格を迫られています。また、高年齢世代へ移行し経験を積んだ従業員が退職となり、ノウハウが企業に残らない状況となっています。このような状況を打破するため、各企業はシステム化が急務となり、私たちもこれまでの商品単体でのご提案から、お客様のニーズに併せた業務の効率化・改革が行える商品群でのご提案を行っています。

近年、低価格化が進み、導入しやすくなった測定機に対するニーズが高まり、測定機の販売台数が急激に伸びてきています。しかし、単に測定機を導入しただけでは、本当に期待していた効果は得られません。

そこで、今回は、第25回設計製造ソリューション展で展示したトータルソリューションのご提案として、測定から得られる点群データ(STL)の活用例をピックアップしてご紹介いたします。

プレス金型におけるスプリングバック見込み変形

図1 プレス金型におけるスプリングバック見込み変形(課題と提案)現状のプロセス 図1 プレス金型におけるスプリングバック見込み変形(課題と提案)提案後のプロセス
図1 プレス金型におけるスプリングバック見込み変形
(課題と提案)
(クリックすると拡大画像が表示されます)

プレス成形時に発生するスプリングバックに対応するため、スプリングバック解析を導入されている企業が多い反面、高い効果が得られない現状があると思います。その理由としては、解析結果を上手く製品モデルに反映できないことが上げられます。それは、解析結果を元に一面ごとにモデル修正を行うため、終日作業となる場合が多いからです(図1)。

そこで、ご提案する解決策は、試作回数を減らし、製品の品質向上を短時間で行えるソリューションです。これを実現するソリューションとしては、測定機とSpace-Eのレ・フィット機能の組み合わせをご提案します。まず、レ・フィット機能使えば、解析システムから出力される解析結果(STL)をSpace-Eに取込み、CADデータとSTLを重ね合わせ、CADデータとSTLの誤差を反対側に自動変形できます。この機能により、これまで終日かかっていた作業は、約30分で終わります。さらに、精度を高めるため、試作した製品形状を測定してSTL出力を行い、レ・フィット機能で再度見込み変形を行うと、より正確なモデルを作成でき、試作回数を大幅に削減できます。そして、測定データを解析と比較することで、解析精度の向上にもつながります(図2、3)。

※レ・フィット機能は、Space-EオプションのGlobal Deformation PLUSの機能です。

図2 Space-Eの見込み変形(レ・フィット)機能
図2 Space-Eの見込み変形(レ・フィット)機能
(クリックすると拡大画像が表示されます)
図3 導入後の効果
図3 導入後の効果
(クリックすると拡大画像が表示されます)

リバースエンジニアリング

図4 リバースエンジニアリング(課題と提案)現状のプロセス 図4 リバースエンジニアリング(課題と提案)提案後のプロセス
図4 リバースエンジニアリング(課題と提案)
(クリックすると拡大画像が表示されます)
図5 CADデータ化のメリット
図5 CADデータ化のメリット
(クリックすると拡大画像が表示されます)

過去の保守部品や、手修正が入った金型の更新型の製作時などCADデータが無い製品を再度製作する場合、非常に多くの時間が取られます。特に過去部品の鋳造品の場合、石膏で反転型を作り、砂型を作成し鋳造する工程を踏むことになります。ここで問題なのが、支給された製品のキズや凹みが反転型にそのまま反映されてしまうこと、また石膏型自体にもバラツキが生じるため品質が安定しないことです(図4)。

そこで、ご提案する解決策は、これまで人の手に頼っていた工程を全てデジタル化し、時間短縮と品質向上ができるソリューションです。これを実現するソリューションとしては、測定機とCATIA V5の組み合わせをご提案します。

測定機で製品形状を計測し、STLをCATIA V5に取り込みます。CATIA V5には、自動面張り機能でSTLに自動でサーフェイスを作成する方法と、測定結果の状態を見ながらマニュアルでサーフェイスを作成する方法の2つがあります。キズや凹みがある部分はマニュアルで作成し、製品をそのまま反映してよい部分は自動作成するという使い分けができます。このように、CADデータ化することで、法規変更によりフィレットRを大きくする箇所なども簡単に設計変更ができます(図5)。

さらに、新しく肉抜きを行うなど製品自体の性能を向上できます。また、全工程をデジタル化することにより、これまで熟練者しかできなかったプロセスが、誰でも簡単に行えるプロセスとして構築できます。

おわりに

今回は、測定を中心としたご提案でしたが、これに留まらず、お客様が置かれている環境や課題を私たちも一緒に考え、価値あるソリューションを展開してご提案しますのでご期待ください。

関連するソリューション

関連するソリューションの記事

2020年04月01日
大連永華技術有限公司と中国における代理店契約締結
-日軟信息科技(上海)有限公司の閉鎖について-
2020年04月01日
Additive Manufacturingに特化した国際見本市
formnext 2019 のご報告
2020年04月01日
Manufacturing-Space® Version 4.5
新機能のご紹介
2020年02月18日
ものづくり業界向けクラウドサービス
「Manufacturing-Space®」最新Version 4.5を提供開始
~ローカル端末とクラウド間で柔軟なデータ連携を実現~
2020年01月01日
JAPAN EOS DAY 2019のご報告
2020年01月01日
製造業の課題解決セミナーのご案内
「業務効率化のためのデータ利活用」と「3Dスキャナーによるリバースエンジニアリングの有効活用」
2019年10月01日
Manufacturing-Space® Version 4.4
サービスインのお知らせ
2019年09月24日
ものづくり業界向けクラウドサービス
「Manufacturing-Space®
最新Version 4.4をサービスイン
2019年07月01日
Space-E Version 5.8リリースのお知らせ
~自動化に向けて進化する~
2019年06月26日
金型設計・製造業界向けCAD/CAMシステム「Space-E」
最新Version 5.8をリリース
2019年04月01日
ドイツ・フランクフルト開催の国際見本市
formnext 2018のご報告
2019年04月01日
Space-E
マルチスレッド技術による
特殊隅取りモーフィングモードの高速化
2019年04月01日
Manufacturing-Space® Version 4.3 新機能のご紹介
2019年01月01日
「EOS DAY」のご報告
2019年01月01日
CAD/CAMシステムオンラインサポートサイト
e-support リニューアル公開のお知らせ
2019年01月01日
Manufacturing-Space Ver.4.2 データコンシェルジュサービスの事例
Windowsフォルダとの同期によりBCPを実現
2018年10月01日
Space-E Version 5.7リリースのお知らせ
~5軸加工機能の強化と特殊隅取りの改善~
2018年10月01日
Manufacturing-Space® Version 4.2
サービスインのお知らせ
2018年10月01日
3Dプリンティング技術による歯科デジタルものづくり
最適な人工歯を短時間で製造可能に
2018年10月01日
ものづくり業界向けクラウドサービス
「Manufacturing-Space®
最新Version 4.2をサービスイン
2018年10月01日
金型設計・製造業界向けCAD/CAMシステム「Space-E」
最新Version 5.7をリリース
2018年07月01日
革新的次世代乾式電解研磨装置
DLyte 100Iのご紹介
2018年07月01日
経済産業省のプロジェクト参加報告
「標準の利用/活用推進委員会」の活動について
2018年07月01日
ものづくり業界向けクラウドサービス
Manufacturing-Space® Version 4.1サービスイン
2018年04月02日
NTTデータエンジニアリングシステムズは、GPAINNOVA社から電解研磨装置DLyteの日本国内における独占販売権を取得
2018年04月01日
NTTDATA (Thailand) co., ltd. 活動報告
2018年04月01日
ドイツ・フランクフルト開催の国際見本市
formnext 2017のご報告
2018年04月01日
沖縄マニファクチャリングラボの取り組み
5軸加工機能の強化および実用化に向けて
2018年01月30日
NTTデータエンジニアリングシステムズとEOS GmbHは、
国内アディティブ・マニュファクチャリング事業を強化
2018年01月01日
EOS Asia User Meeting in Singaporeのご報告
2018年01月01日
ものづくり業界向けクラウドサービス「Manufacturing-Space」
働き方を変える! クラウドを利用してテレワークを実現
2017年10月01日
Manufacturing-Space® Version 4.0 新サービス開始
データ品質管理サービス「CADデータチェッカー」
2017年10月01日
世界シェアNo.1 ハイエンド3DプリンターEOSを支える
AMデザインラボの技術力とは
2017年09月05日
ものづくり業界向けクラウドサービス「Manufacturing-Space」の 3次元CADデータ管理機能に「CADdoctor」のモデル検証・修復機能を搭載
2017年07月01日
HANNOVER MESSE 2017
EOS社出展リポート
2017年07月01日
Manufacturing-Space®が目指す
方向とロードマップ
2017年07月01日
クラウドを利用した
「ものづくり産業」の生産性向上
2017年04月01日
Space-E Ver.5.6リリースのお知らせ
~沖縄マニファクチャリングラボの研究成果を反映~
2017年01月01日
EOS社製3Dプリンター
造形プロセスと周辺機器について
2017年01月01日
3DEXPERIENCE Platform ENOVIA V6による
プロジェクト管理のご紹介
2017年01月01日
5軸加工への取り組み
沖縄マニファクチャリングラボにおける
5軸加工機能の技術開発
2016年10月01日
3DEXPERIENCE Platform ENOVIA V6による
BOM管理のご紹介
2016年07月01日
CATIA V5 ENOVIA V6
バンドルパッケージ(ASO3X-JP)のご紹介
2016年07月01日
第1回 名古屋 設計・製造ソリューション展
出展報告
2016年04月01日
インダストリアル3Dプリンティングにフォーカスした展示会
formnextとEOSの最新情報
2016年04月01日
樹脂流動CAE システム
“Timon Mold Designer”、“3D TIMON”と
東レエンジニアリングの解析技術のご紹介
2016年04月01日
Manufacturing-Space Ver.3.5新サービス開始
解析・リバース・コミュニケーション
~ものづくりに有効な新サービスを追加~
2016年04月01日
Space-E Version 5.5リリースのお知らせ
~生産準備業務の効率化を目指す~
2016年02月22日
ものづくり業界向け「オートサーフェス」サービスを提供開始
2016年01月25日
歯科医療用金属3Dプリンターの小型機
「EOS M 100 Dental」を販売開始
2016年01月25日
金属3Dプリンターの小型機「EOS M 100」を販売開始
2016年01月01日
つなぐ・ためる・わかる技術が進化した
身の回りにあるIoTとは
2016年01月01日
沖縄マニファクチャリングラボにおける
5軸加工機能の技術開発
2015年10月07日
歯科医療用ハイエンド3Dプリンター
「EOSINT M 270 Dental」を販売開始
2015年10月01日
「第3回 AMソリューションセミナー」のご報告
2015年10月01日
Manufacturing-Space® Version 3.0サービスインのお知らせ
統合型クラウドファイル管理サービス
「データコンシェルジュサービス」の開始
2015年07月01日
トータルソリューションのご提案(4)
PDMを活用した鍛造解析向けトータルソリューション
2015年07月01日
Space-E Version 5.4 リリースのお知らせ
~まずは削ることから刷新~
2015年06月23日
IoTを用いた製造業向けメンテナンス業務高度化の
実証実験を開始
2015年04月01日
トータルソリューションのご提案(3)
NDESがご提案するトータルソリューションとは
2015年01月21日
ハイエンド3Dプリンターの早期導入を実現する
造形トレーニングプログラムを提供開始
2015年01月01日
EuroMoldでのEOS最新情報
2015年01月01日
マニファクチャリングラボ(沖縄)の取り組みについて
2015年01月01日
トータルソリューションのご提案(2)
フロントローディングソリューション
2014年10月01日
CAXA社との協業について
2014年10月01日
EOS社の最新情報
2014年10月01日
Manufacturing-Space® Version 2.0リリース
~あらゆるデータをいつでもどこでも、もっと自由に!~
2014年07月01日
Space-E Version 5.3 リリースのお知らせ
2014年07月01日
3Dプリンター振興協議会が発足しました。
2014年04月01日
EUROMOLDで発表されたEOS社の新製品
2014年02月18日
世界初 3Dプリンターを用いたイヤホン量産化に対し技術協力
2014年01月14日
クラウドサービス「Manufacturing-Space®
PDMサービスの「Web」と「iPad」閲覧機能の拡充
2014年01月01日
Manufacturing-Space® Version 1.5リリース
~あらゆるデータをいつでもどこでも、もっと自由に!~
2013年10月25日
金型業界初のクラウドサービス
Manufacturing-Space®の提供を開始
~あらゆるデータをいつでもどこでも、もっと自由に!~
2013年09月25日
金型業界初のクラウドサービス「Manufacturing-Space®
10月1日サービス開始
2013年07月10日
東南アジア地域における
Space-E販売代理店の支援強化について
2013年04月01日
安倍首相がオバマ大統領に贈ったパターは、
Space-Eをご利用いただいています
「有限会社 山田パター工房」様が製作したパターです
2013年02月25日
Space-E Version 5.2 をリリースしました。
新機能の詳細は、人とシステムの記事をご覧ください。
2012年10月01日
雲をつかむような話し
2012年10月01日
AMの使いどころ ― EOSINTを用いた事例 ―
2012年04月01日
金型用3次元冷却水管インサートの設計
2012年01月01日
導入支援レポート(第11回)
Space-E/Moldにおけるカスタマイズについて(2)
2011年10月01日
Space-E Version 5.1 新機能のご紹介
2011年10月01日
導入支援レポート(第10回)
Space-E/Moldにおけるカスタマイズについて(1)
2011年10月01日
Space-Eで実現する
デジタルエンジニアリングにおける4つのCサイクル
2011年10月01日
EOSINTニュース
2011年07月01日
導入支援レポート(第9回)
Space-Eにおけるプレス金型向けユニット部品構築方法(2)
2011年04月01日
Space-E Version 5.0 新機能のご紹介
2011年04月01日
導入支援レポート(第8回)
Space-Eにおけるプレス金型向けユニット部品構築方法(1)
2011年04月01日
EOSINT/FORMIGAは、モノづくりの新しい道具
2011年01月01日
5軸加工およびSpace-E/5Axisのメリット
2011年01月01日
導入支援レポート(第7回)
Space-Eによる3次元金型設計を中心としたシステム構築
2011年01月01日
金型用3次元冷却水管インサートの設計
2010年10月01日
3次元CAD/CAM/CAE一体型システム
Space-E/Pressのご紹介
2010年10月01日
導入支援レポート(第6回)
Space-Eによる3次元金型設計の実現(3)
2010年10月01日
金型用3次元冷却水管インサート製作
―RPテクニカルセンターでの製作プロセス―
2010年07月01日
導入支援レポート(第5回)
Space-Eによる3次元金型設計の実現(2)
2010年07月01日
EOSINTリポート
2010年04月01日
Space-E Version 4.9 新機能のご紹介
2010年04月01日
導入支援レポート(第4回)
Space-Eによる3次元金型設計の実現(1)
2010年04月01日
EOSINTリポート
2010年01月01日
Space-Eの有効活用「電極設計の効率化」
2010年01月01日
EOSINTリポート
2009年10月01日
Space-EとDr.工程との連携
設計部門から製造部門へ、情報伝達の正確性アップと時間短縮のご提案
2009年10月01日
導入支援レポート(第2回)
「経験」に基づいた導入支援における金型テンプレート構築方法
2009年10月01日
EOSINTリポート
2009年07月01日
導入支援レポート(第1回)
「経験」に基づいた導入支援の進め方
2009年07月01日
EOSINTリポート
2009年04月01日
EOSINTリポート
2009年01月01日
EOSINTリポート
2008年10月01日
EOSINTリポート
2008年07月01日
EOSINTリポート
2008年07月01日
PLM技術レポート(第7回)
CATIA V5を使用した設計業務におけるカスタマイズ事例
2008年04月01日
EOSINTリポート
2008年01月01日
PLM技術レポート(第6回)
「Space-E V5、CATIA V5を使用した、
カスタマイズ事例(3次元加工テンプレート)」
2007年10月01日
EOS社でのe-Manufacturing
2007年10月01日
PLM技術レポート(第5回)
「Space-E V5、CATIA V5を使用した、
カスタマイズ事例(マクロによる自動化)」
2007年07月01日
PLM技術レポート(第4回)
「Space-E V5、CATIA V5を使用した、
カスタマイズ事例(マクロによる自動化)」
2007年07月01日
EOSINTとe-Manufacturing「EOS社の新製品」
2007年04月01日
PLM技術レポート(第3回)
「Space-E V5、CATIA V5を使用した、
カスタマイズ事例(穴あけの自動化)」
2007年04月01日
EOSINTとe-Manufacturing
「EOSINT Pの構成とオペレーション」
2007年01月01日
PLM 技術レポート(第2回)
「金型要件におけるSpace-E V5、CATIA V5の運用事例のご紹介」
2007年01月01日
EOSINTとe-Manufacturing「EOSINTの活用事例 2」
2006年10月01日
PLM 技術レポート(第1回)
「金型要件におけるSpace-E V5、CATIA V5の運用事例のご紹介」
2006年10月01日
EOSINTとe-Manufacturing
「EOSINT の活用事例」
2006年07月01日
EOSINTとe-Manufacturing 「EOSINTの最新情報」
2006年04月01日
EOSINTとe-Manufacturing
「EOSINTを使用した鋳造品製作」
2006年01月01日
PLMレポート(第4回)
「型設計効率50%UPを実現させるために」
2006年01月01日
EOSINTとe-Manufacturing
~EOSINT Mによる金属部品・金型製作~
2005年10月01日
PLMレポート(第3回)
「型設計効率50%UPを実現させるために」
2005年10月01日
EOSINTとe-Manufacturing
~ EOSINT Pによるプラスチック部品製作 ~
2005年07月01日
Space-E最新バージョンのご紹介
2005年07月01日
PLMレポート (第2回)
「型設計効率50%UPを実現させるために」
2005年07月01日
EOS社インターナショナルユーザーミーティング参加報告
2005年04月01日
PLMレポート(第1回)
「型設計効率50%UPを実現させるために」
2005年01月01日
Space-E Version 4.3のご紹介
2004年10月01日
EOSINT新製品のご紹介
2004年07月01日
Space-E Version 4.2 Modeler & CAMのご紹介
2004年04月01日
Space-E/Global Deformation Version 1.0のご紹介
2002年10月01日
EOSINT新製品のご紹介
2002年10月01日
PLMソリューション CATIA V5のご紹介
2002年04月01日
Space-E Version 3.1のご紹介
2002年04月01日
Space-E/STEPのご紹介
2001年07月01日
Space-E最新バージョンのご紹介
2001年07月01日
Space-E/Mold Version 2.0のご紹介
2000年10月01日
Space-E/SolidCAMの紹介
2000年07月01日
Space-E/Moldのご紹介
2000年07月01日
EOSINT-M250 XtendedとDirectSteelのご紹介
2000年04月01日
Space-E Version 2.1 のご紹介
1999年10月01日
WindowsNT版 製図支援システム Space-E/Draw のご紹介
1999年07月01日
EOSINT-Mによる成形金型製造の適用事例
1999年07月01日
Space-E Version 2.0 最新機能紹介と今後の展望
1999年01月01日
ラピッド・プロトタイピングにおける鋳型の直接構造と鋳造
1999年01月01日
Space-Eのご紹介
1996年07月01日
ラピッド・プロトタイピング新商品「EOSINT」について