NTT DATA — Trusted Global Innovator

株式会社NTTデータエンジニアリングシステムズ

No.47 システム紹介

Space-E CAA V5 Based R17 Update2 新機能のご紹介

システムソリューション統括部
開発技術部 システム開発グループ
グループマネージャ 小日向 章
チームリーダ 田丸 昭洋

はじめに

Space-E CAA V5 Based(以下Space-E V5)の新バージョンであるR17 Update2のモールド設計機能、3次元CAM機能の新機能および改善された機能についてご紹介します。

Space-E V5 Mold R17 Update2

Mold R17 Update2では、お客様のご要望を元に既存機能を拡張し、より使いやすいシステムを目指しました。

■回り止め穴の改良

回り止め穴作成機能では、これまでのノック穴およびDカット穴に加え、I カット穴の作成が可能になりました。このI カット穴は、標準穴以外にNC加工を意識した、角を丸めた長穴も作成できます。(図1)

図1-1 Iカット穴 図1-2 長穴
図1 Iカット穴(左) と長穴(右)

またコアピンに対しても、回り止め穴(ノック穴、Dカット穴、I カット穴、長穴)の作成が可能になりました。(図2)Dカット穴、I カット穴、長穴に対しては、編集機能も追加し、穴作成後にパラメータを変更したり、穴を削除することもできます。(図3)

図2 コアピンへの回り止め穴作成
図2 コアピンへの回り止め穴作成
図3 回り止め穴編集メニュー
図3 回り止め穴編集メニュー
(上図をクリックすると拡大図が表示されます)

■その他

モールド設計に関する以下の機能を追加、拡張しました。

  • スプリングの初期タワミ変更が可能
  • 取り付け板のオーバーハング量の自由な変更が可能
  • アイボルト用ねじオプションにより、アイボルト取り付けねじ穴の有無の選択が可能

Space-E V5 CAM R17 Update2

CAM R17 Update2では、新機能としてワイヤ放電加工機能を追加しました。また経路作成・編集機能、ポストプロセッサー機能の改良などを行っています。

■ワイヤ放電加工機能

ワイヤー放電加工機用のデータを作成する機能です。工作機を選択し、加工条件や形状の設定を操作画面で行い、加工データを作成します。上下異形状・テーパー加工にも対応しています。

図4 ワイヤ放電加工機能の操作画面[加工条件定義]
図4 ワイヤ放電加工機能の操作画面
[加工条件定義]
(上図をクリックすると拡大図が表示されます)
図5 ワイヤ放電加工機能の操作画面[経路表示例]
図5 ワイヤ放電加工機能の操作画面
[経路表示例]
(上図をクリックすると拡大図が表示されます)

― この記事に関連するソリューション ―