NTT DATA — Trusted Global Innovator

株式会社NTTデータエンジニアリングシステムズ

Space-E CAA V5 Based  Core & Cavity Design(CCD)

システムの特長

複合面オフセット
複合面オフセット
トリムサーフェイス
トリムサーフェイス
(クリックすると拡大画像が表示されます)
  • 勾配やアンダーカットチェックにより、最適な抜き方向を決定。成形品からキャビ・コア部およびスライドコア部への分割作業を支援。
  • 加工性や成形性に配慮しながら、細部の形状を柔軟かつ厳密に定義できるモデリング性能を実現。
  • サーフェイス表面の不連続やトリム境界の不具合等にも対応した複合面。オフセット機能。凸凹モデルに対する±双方向へのオフセットに対応。
  • トリム曲線が曲面から離れている場合や、複数の線が個々に存在している場合でも、一括してサーフェイスをトリム。

機能詳細

マルチCADトランスレータ

マルチCADトランスレータ

国内の多くの金型製造企業は、製品メーカからの意匠デザインされた形状を取り込んで金型用のモデリングを行います。
そのときに必要となるのが、既存CADシステムのデータや3次元形状の標準フォーマットを変換する機能です。

Space-E CAA V5 Basedでは、各種マルチCADトランスレータに対応しています

[対応するマルチCADトランスレータ]
(*印の商品はオプションです)

  • CATIA V4/V5
  • IGES
  • Space-E
  • GRADE/CUBE *
  • STEP *

ヒーリング・アシスタント

マルチCADトランスレータにより取り込まれたサーフェイスデータは、CADシステム間の精度の違いや設計者の人為的ミスなどにより、面の重なりや隣接面の隙間、連続性が保たれていないなどの不整合が発生することがあります。

本機能を使用することで、不整合な面をグルーピングし、面データの修正・再作成作業を容易に、確実にすることができます。

この作業をすることで、オフセット、抜き勾配付け、などの金型用のモデリング作業や加工経路作成作業での不具合の発生を無くすことができます。

パート・デザイン・データ(ソリッドまたはサーフェス)のインポートとスケーリング・アプリケーション

金型設計者は、CATIAや他のシステムで作成されたソリッドまたはボリュームを設計パーツとして利用できます。

設計パーツは「リンク付きコピー/貼り付け」操作を使用して挿入できるので、設計変更があっても設計パーツと成形パーツの同期をとることができます。パーツは現行のローカル座標系の中で位置が決められます。

この座標系は、設計パーツの既存のローカル座標系(設定されている場合)、パーツの境界、またはパーツの重心から作成でき、ユーザ座標からも作成できます。成形実行中の収縮を計算に入れるため、近似またはスケールを適用できます。

拡張サーフェイス機能

拡張サーフェイス機能

金型モデリングに必要となるサーフェイス・モデリング機能です。フィレットなどサーフェイスの機能拡張が行われています。

抜き方向定義

抜き勾配解析基準に基づいて、コア、キャビティー、およびアンダーカット領域を識別できます。

正しい抜き方向の定義が、コンパスを使用して簡単に対話式で行えます。

パーツは、選択された抜き方向に応じて自動的に3つの形状セットに分割されます。分割されたパーツは、カラー・マッピング・スキームを使用して簡単に特定できます。

カラー・マッピング・スキームのフェースと機能
緑のフェース 型から抜くことができます。
赤のフェース アンダーカット部です。
青のフェース スライダーまたはルーズ・コアの一部でなければなりません。そうでない場合は分割する必要があります。

スライダー・リフターの抜き方向定義

抜き勾配の解析により、設計者はこのツールを使用して、スライダー(またはリフター)のサーフェスを、すでに識別されているアンダーカット領域から識別できます。

正しいスライダー方向の定義は、コンパスを使用して簡単に対話式で行えます。パーツは自動的に以下の2つの形状セットに分割されます。

  • 緑のフェース:スライダー方向に型から抜くことができます。
  • 青いフェース:別のスライダーかルーズ・コアの一部でなければなりません。
    そうでない場合は、分割する必要があります。

成形領域の詳細化

設計者は、フェースを1つの成形領域から別の成形領域に、「カット」「コピー」「貼り付け」および「分割」できます。

この高機能ツールでは、1回の操作で複数の機能を実行できます。

たとえば、1つの成形領域から別の成形領域へのフェースの「カット」および「貼り付け」処理は、1回の操作で実行できます。また、1つの領域を分割し、その結果を複数の成形領域に配布することもできます。

アンダーカット検出

アンダーカット検出

成形品形状の複雑化により、影になるような部分のアンダーカットはCATIA 標準機能では検出できないため、見落とすことがあります。

Space-E V5では、このような場合にもアンダーカットを検出できる機能を用意しました。

電極設計

電極設計

金型作成時においては複雑な形状あるいは高精度を要求されるなどの理由で放電加工による形状作成を行う場合があります。Space-E V5では、放電加工のための電極作成の支援を行うため、電極設計コマンドを用意しました。

金型形状から電極を作成する場合、金型形状の変更に対して電極の形状が追従します。 また、電極作成時に電極設計情報を付加することもできます。

作成された電極設計情報はSpace-E V5 CAMにて参照し、放電加工機を制御するデータを作成することが可能です。

DASSAULT SYSTEMES SOFTWARE PARTNER V5 gold partner
  • ※  CATIAは、ダッソー・システムズ(Dassault Systèmes)もしくはダッソー・システムズの子会社の米国およびその他の国における登録商標です。

Space-E CAA V5 Based 導入事例

「人とシステム」に掲載したSpace-E CAA V5 Basedの導入事例です。

関連情報

2019年01月01日
トピックス
CAD/CAMシステムオンラインサポートサイト
e-support リニューアル公開のお知らせ
2010年07月01日
システム紹介
Space-E CAA V5 Based 新機能のご紹介
2010年01月01日
システム紹介
Space-E CAA V5 Based R18 Update1 新機能のご紹介
2010年01月01日
システム紹介
導入支援レポート(第3回)
「経験」に基づいた導入支援におけるカスタマイズ方法
2009年10月01日
システム紹介
導入支援レポート(第2回)
「経験」に基づいた導入支援における金型テンプレート構築方法
2009年07月01日
システム紹介
導入支援レポート(第1回)
「経験」に基づいた導入支援の進め方
2009年01月01日
システム紹介
Space-E CAA V5 Based R19 新機能のご紹介
2008年07月01日
システム紹介
PLM技術レポート(第7回)
CATIA V5を使用した設計業務におけるカスタマイズ事例
2008年04月01日
システム紹介
Space-E CAA V5 Based R18 新機能のご紹介
2008年01月01日
システム紹介
PLM技術レポート(第6回)
「Space-E V5、CATIA V5を使用した、
カスタマイズ事例(3次元加工テンプレート)」
2007年10月01日
システム紹介
Space-E CAA V5 Based R17 Update2 新機能のご紹介
2007年10月01日
システム紹介
PLM技術レポート(第5回)
「Space-E V5、CATIA V5を使用した、
カスタマイズ事例(マクロによる自動化)」
2007年07月01日
システム紹介
Space-E CAA V5 Based R17 Update1 新機能のご紹介
2007年07月01日
システム紹介
PLM技術レポート(第4回)
「Space-E V5、CATIA V5を使用した、
カスタマイズ事例(マクロによる自動化)」
2007年04月01日
システム紹介
PLM技術レポート(第3回)
「Space-E V5、CATIA V5を使用した、
カスタマイズ事例(穴あけの自動化)」
2007年01月01日
システム紹介
Space-E CAA V5 Based R17 新機能のご紹介
2007年01月01日
システム紹介
PLM 技術レポート(第2回)
「金型要件におけるSpace-E V5、CATIA V5の運用事例のご紹介」
2006年10月01日
システム紹介
Space-E CAA V5 Based R16 Update 新機能のご紹介
2006年10月01日
システム紹介
新商品Space-E CAA V5 Based 5Axis のご紹介
2006年10月01日
システム紹介
PLM 技術レポート(第1回)
「金型要件におけるSpace-E V5、CATIA V5の運用事例のご紹介」
2006年01月01日
システム紹介
Space-E CAA V5 Based R16 新機能のご紹介
2006年01月01日
システム紹介
PLMレポート(第4回)
「型設計効率50%UPを実現させるために」
2005年10月01日
システム紹介
Space-E CAA V5 Basedの新たな取り組み
2005年10月01日
システム紹介
Space-E CAA V5 Based R15 新機能のご紹介
2005年10月01日
システム紹介
PLMレポート(第3回)
「型設計効率50%UPを実現させるために」
2005年07月01日
システム紹介
PLMレポート (第2回)
「型設計効率50%UPを実現させるために」
2005年04月01日
システム紹介
PLMレポート(第1回)
「型設計効率50%UPを実現させるために」
2005年01月01日
システム紹介
Space-E CAA V5 Based R14 のご紹介
2004年04月01日
システム紹介
Space-E CAA V5 Based CAM 今後の開発について
2004年01月01日
システム紹介
Space-E CAA V5 Based R12 新機能のご紹介
2003年01月01日
システム紹介
Space-E V5のご紹介

お問い合わせ情報

国内販売拠点

海外販売拠点