NTT DATA — Trusted Global Innovator

株式会社NTTデータエンジニアリングシステムズ

Space-E CAA V5 Based  Mold Design

システムの特長

Space-E CAA V5 Based Mold Designの画面
Space-E CAA V5 Based Mold Designの画面
  • 各社の金型設計ノウハウ(ナレッジ)をシステムに取り入れることで、各社独自の標準設計に柔軟に対応。
  • 3次元金型設計を効率よく行うための支援として、ほぼすべての双葉電子工業株式会社モールドベースを搭載。

機能詳細

モールド・ツーリング・ワークベンチ

モールド・ベースの定義、構成品の設定、射出及び冷却用フィーチャーなど、樹脂成形金型の設計を支援するあらゆる機能が用意されています。

標準モールド・ベース

プレートセットから構成されたモールド・ ベースがカタログより利用することができます。標準カタログには数千の利用可能な構成が用意され、市場の主な標準をサポートしています。

これらの構成は、名称、金型の長さと幅、オーバーハング値などのパラメータにより類別されています。構成時には、システムがそれぞれのプレートを一貫性を保って設定し、可能なプレートの厚さが判別され、正しい名称が定義されます。

プレートの定義には、後のリーダーピン、ブッシング、スリーブ、ストップピン、スクリュー、ロケーティング・リングの位置決め用の固定点を含めることができます。

コールド/ホットインジェクション専用モールドベース

設計者は、標準モールドベースから与えられているパラメーター(コアの厚さなど)間の関連性を削除することにより、専用のモールドベースを作成することができます。

このように作成されたモールドベースに対しても、カタログ内に登録されたすべての標準部品を利用することができます。

コア/キャビティーの分割

この操作は、マウスによる仕様ツリー上での操作により直接実行することができます。 システムは自動的に正しいサーフェスと方向を認識します。

Parts Catalog

構成部品には以下のものが用意され、標準的なメーカーの製品をサポートしています。準標準部品の追加も可能です。

サポートメーカーと構成部品
サポートメーカー ASCO、DME(mm&inch)、RABOURDIN、STRACK、EOC、ミスミ、フタバ、チャンピオン、他
構成部品 位置決め部品 スリーブ、ロケーティングリング、ドウェルピン
ガイド部品 リーダーピン、ガイドピン、ブッシング、イジェクターガイドピン
イジェクション部品 アンギュラーピン、ストップワッシャー、ストップピン、アングルピン
インジェクション部品 スプルーブッシング、サポートピラー、ゲート、ランナー
結合部品 キャップスクリュー
冷却パイプ ショルダーの有り無し

部品表(BOM)の生成

金型独特の属性や名称を含めた部品表を、テキスト形式、HTML形式、またはEXCEL形式で生成することができます。

DASSAULT SYSTEMES SOFTWARE PARTNER V5 gold partner
  • ※  CATIAは、ダッソー・システムズ(Dassault Systèmes)もしくはダッソー・システムズの子会社の米国およびその他の国における登録商標です。

Space-E CAA V5 Based 導入事例

「人とシステム」に掲載したSpace-E CAA V5 Basedの導入事例です。

関連情報

2019年01月01日
トピックス
CAD/CAMシステムオンラインサポートサイト
e-support リニューアル公開のお知らせ
2010年07月01日
システム紹介
Space-E CAA V5 Based 新機能のご紹介
2010年01月01日
システム紹介
Space-E CAA V5 Based R18 Update1 新機能のご紹介
2010年01月01日
システム紹介
導入支援レポート(第3回)
「経験」に基づいた導入支援におけるカスタマイズ方法
2009年10月01日
システム紹介
導入支援レポート(第2回)
「経験」に基づいた導入支援における金型テンプレート構築方法
2009年07月01日
システム紹介
導入支援レポート(第1回)
「経験」に基づいた導入支援の進め方
2009年01月01日
システム紹介
Space-E CAA V5 Based R19 新機能のご紹介
2008年07月01日
システム紹介
PLM技術レポート(第7回)
CATIA V5を使用した設計業務におけるカスタマイズ事例
2008年04月01日
システム紹介
Space-E CAA V5 Based R18 新機能のご紹介
2008年01月01日
システム紹介
PLM技術レポート(第6回)
「Space-E V5、CATIA V5を使用した、
カスタマイズ事例(3次元加工テンプレート)」
2007年10月01日
システム紹介
Space-E CAA V5 Based R17 Update2 新機能のご紹介
2007年10月01日
システム紹介
PLM技術レポート(第5回)
「Space-E V5、CATIA V5を使用した、
カスタマイズ事例(マクロによる自動化)」
2007年07月01日
システム紹介
Space-E CAA V5 Based R17 Update1 新機能のご紹介
2007年07月01日
システム紹介
PLM技術レポート(第4回)
「Space-E V5、CATIA V5を使用した、
カスタマイズ事例(マクロによる自動化)」
2007年04月01日
システム紹介
PLM技術レポート(第3回)
「Space-E V5、CATIA V5を使用した、
カスタマイズ事例(穴あけの自動化)」
2007年01月01日
システム紹介
Space-E CAA V5 Based R17 新機能のご紹介
2007年01月01日
システム紹介
PLM 技術レポート(第2回)
「金型要件におけるSpace-E V5、CATIA V5の運用事例のご紹介」
2006年10月01日
システム紹介
Space-E CAA V5 Based R16 Update 新機能のご紹介
2006年10月01日
システム紹介
新商品Space-E CAA V5 Based 5Axis のご紹介
2006年10月01日
システム紹介
PLM 技術レポート(第1回)
「金型要件におけるSpace-E V5、CATIA V5の運用事例のご紹介」
2006年01月01日
システム紹介
Space-E CAA V5 Based R16 新機能のご紹介
2006年01月01日
システム紹介
PLMレポート(第4回)
「型設計効率50%UPを実現させるために」
2005年10月01日
システム紹介
Space-E CAA V5 Basedの新たな取り組み
2005年10月01日
システム紹介
Space-E CAA V5 Based R15 新機能のご紹介
2005年10月01日
システム紹介
PLMレポート(第3回)
「型設計効率50%UPを実現させるために」
2005年07月01日
システム紹介
PLMレポート (第2回)
「型設計効率50%UPを実現させるために」
2005年04月01日
システム紹介
PLMレポート(第1回)
「型設計効率50%UPを実現させるために」
2005年01月01日
システム紹介
Space-E CAA V5 Based R14 のご紹介
2004年04月01日
システム紹介
Space-E CAA V5 Based CAM 今後の開発について
2004年01月01日
システム紹介
Space-E CAA V5 Based R12 新機能のご紹介
2003年01月01日
システム紹介
Space-E V5のご紹介

お問い合わせ情報

国内販売拠点

海外販売拠点