NTT DATA — Trusted Global Innovator

株式会社NTTデータエンジニアリングシステムズ

No.72 システム紹介

Manufacturing-Space® Version 1.5リリース
~あらゆるデータをいつでもどこでも、もっと自由に!~

営業本部 MSビジネスユニット 営業部
第一企画グループ
グループマネージャー 中島 庄治

Manufacturing-Spaceのメインビジュアル

Manufacturing-Space Version 1.5のご紹介

本号では、2014年1月にリリースのManufacturing-Space Version 1.5新機能をご紹介します。

ファイル管理マネージャのWeb版対応とタブレット端末対応

Manufacturing-Space Version 1.0では、利用するPCに専用のアプリケーションをインストールしておく必要がありました。しかし、モバイルPCやタブレットで使用をしたいという声を受け、Version 1.5では、アプリケーションをインストールする必要がない、ブラウザから直接利用できるファイル管理マネージャのWeb版をご用意しました。

これにより、ユーザーはPDMサービスへアクセスするためにアプリケーションをインストールしておくという煩わしい作業も不要となりました。また、iPadの対応により、手軽かつ簡単に操作できるため、利用シーンを広げてPDMサービスをご利用いただけます。

※Android端末には対応しておりません。

Manufacturing-Space Version 1.5ではファイル管理マネージャの画面デザインを使いやすく一新しました。
Manufacturing-Space Version 1.5ではファイル管理マネージャの画面デザインを使いやすく一新しました。
外出先や現場など、ノートパソコンでの作業が困難な状況においてもタブレット端末を利用して手軽にPDMサービスのデータセンターにアクセスし、必要なファイルから情報を取り出すことができます。
外出先や現場など、ノートパソコンでの作業が困難な状況においてもタブレット端末を利用して手軽にPDMサービスのデータセンターにアクセスし、必要なファイルから情報を取り出すことができます。

ファイル共有機能

Manufacturing-SpaceのPDMサービスを利用しているユーザー同士であれば、お互いが認証することにより、取引をしている会社間でファイルを共有して利用することができます。これにより、今まで問題となっていた、取引先とのデータ授受におけるセキュリティ、データ容量制限、タイムラグなどがなくなり、安全かつスピーディーにデータの送受信を行うことができるようになります。

お客様の公開用ディスク領域を使用し、あたかも同じ社内で利用しているかのように安全にファイルを共有することができます。
お客様の公開用ディスク領域を使用し、あたかも同じ社内で利用しているかのように安全にファイルを共有することができます。

ファイル転送機能

Manufacturing-SpaceのPDMサービスを利用しているユーザーは、Manufacturing-Spaceを利用していない取引先であってもファイルを送受信することができるようになりました。これにより、今まで煩わしかった関連会社や取引先へのデータ送付や受取りが、簡単かつ安全に行うことができるようになります。

ファイル転送にはご契約されている側のお客様の公開用ディスク領域を使用し、安心してファイルの送受信を行うことができます。
ファイル転送には ご契約されている側のお客様の公開用ディスク領域を使用し、安心してファイルの送受信を行うことができます。

インストーラ、アップデーター

Version 1.0のようにインストールメディアを利用してソフトウェアをインストールすることなく、ダウンロードサイトから必要なアプリケーションをダウンロードし、インストールすることができるようになりました。

最新版のリリース状況を確認し、既にインストールされているアプリケーションが最新版にアップデートされていなければ自動的にアップデートする機能を搭載しました。
最新版のリリース状況を確認し、既にインストールされているアプリケーションが最新版にアップデートされていなければ自動的にアップデートする機能を搭載しました。

プライベートセミナーのご案内

現在、『低価格クラウドサービスによるデータの一元管理とDR※注1対策の実現』と題して、本クラウドサービスのセミナーを各地で開催しています。

Manufacturing-SpaceのPDMサービスを利用したデータの一元管理事例と、BCP※注2対策、コストダウンに対する利用効果を運用面と費用面からわかりやすくご案内しています。
詳しくは、当ウェブサイトのイベント・セミナー案内をご覧ください。

  • ※注1 DR:Disaster Recovery(災害復旧)
  • ※注2 BCP:Business Continuity Plan(事業継続計画)

おわりに

私たちは、Manufacturing-Spaceにおいて、お客様の業務効率化とコストダウンにご協力できるよう、今後も様々なサービスの追加や機能強化を行っていきます。

Manufacturing-Spaceサービス オープニングセレモニーの模様

前号「人とシステム71号」でManufacturing-Spaceサービス開始の発表をしてから3カ月が経過しました。そして、現在では早くも400社を越えるお客様にご利用をいただいています。

(左の写真は、Manufacturing-Spaceサービス オープニングセレモニーの模様)

※Manufacturing-Spaceは、株式会社NTTデータエンジニアリングシステムズの登録商標です。
その他の製品および会社名等は、各会社等の商標または登録商標です。

― この記事に関連するソリューション ―