NTT DATA — Trusted Global Innovator

株式会社NTTデータエンジニアリングシステムズ

No.91 システム紹介

Space-E Version 5.7リリースのお知らせ
~5軸加工機能の強化と特殊隅取りの改善~

株式会社NTTデータエンジニアリングシステムズ
クラウドサービス事業部 技術部 第三サービス課
課長代理 大本 浩司

はじめに

2018年11月、Space-Eの最新バージョンであるVersion 5.7(以下、Ver.5.7)のリリースを予定していますので、その概要をご紹介します。

Ver.5.7では、5軸加工の機能強化、安全性、特殊工具対応をテーマとしています。近年、5軸工作機械を導入して加工の効率化を図るお客さまが増えており、5軸加工のさらなる機能強化が求められています。そのご要望にお応えするため、Ver.5.7では5軸機能の強化や改修を行いました。さらに、特殊隅取り機能の改修も実施しています。

Space-E/CAM

同時5軸荒取り加工の改修

図1 同時5軸荒取りによるストック引き継ぎ
図1 同時5軸荒取りによるストック引き継ぎ
(クリックすると拡大画像が表示されます)

Ver.5.7では、5軸経路のストックを5軸機能全般に引き継ぐように改修し、フラット工具やラジアス工具の使用を可能にしました。また、5軸経路のストックを利用することで、アンダーカット部に対して5軸加工による荒取りができます(図1)。

5軸切削シミュレーションの対応(オプション)

図2 切削シミュレーション使用例
図2 切削シミュレーション使用例

同時5軸制御荒取り経路の干渉を確認するため、切削シミュレーション機能を搭載しました。これにより、加工前に無効刃での切削やホルダー・シャンク部の干渉チェックが可能になります(図2)。

バレル・レンズ工具の対応

5軸仕上げ機能と5軸ガイドカーブでバレル・レンズ工具に対応しました。対応する工具は、バレル工具・テーパーバレル工具・オーバル工具・レンズ工具になります。ボールエンドミルの先端は工具半径分のRが付いた形状ですが、バレル工具は工具の側面にRが付く形状になります。レンズ工具は、工具底面に大きなRが付いた形状です。これらの工具を利用すると大きなピッチでもボールエンドミルと同じカスプハイトが保持できます。そのため仕上げ加工時間を大幅に短縮することが可能です(図3、表1)。

図3 テーパーバレル工具とその加工
図3 テーパーバレル工具とその加工
表1 工具別の加工時間比較表
表1 工具別の加工時間比較表
(クリックすると拡大画像が表示されます)

特殊隅取り機能の改修

図4 周回経路とモーフィング経路
図4 周回経路とモーフィング経路
図5 モーフィングモードの印象
図5 モーフィングモードの印象

モーフィングモードは、経路の品質向上のため従来の特殊隅取り機能に搭載されていた計算ロジックの見直しを実施しています。切削範囲の一番深い位置に合わせて算出したセンター部から指定したピッチで切り込み調整をし、形状隅部を埋めていく経路の作成を実現しました。このモーフィングモードを利用することで、周回モードで発生していた形状内での折り返しや、センター部に経路が作成されないために発生していた削り残りを回避するきれいな経路を作成できます(図4)。

モーフィングモードの経路に対するお客さまの印象として、「きれいな経路が作成できた」「使い勝手が良くなった」「アプローチの痕が残らなくなった」など、70%以上という高い割合で、ご好評をいただいております(図5)。

それとは逆に、「安定していない」「加工時間が長くなった」などのご意見もございました。これに対応すべくモーフィングモードのさらなる品質向上のためVer.5.7のサービスパックで改修を予定しています。

Space-E/Mold

キリ穴最適化のレスポンス改善

表2 改善前後の処理時間比較表
表2 改善前後の処理時間比較表
(クリックすると拡大画像が表示されます)

従来のバージョンは、キリ穴最適化機能、キリ穴自動最適化機能を実行すると、レスポンスが大きく低下する現象が発生していました。そこで、Ver.5.7では計算処理方法を改善し、大幅な処理時間の短縮を実現しました(表2)。

Space-E/Modeler

面トリムの改修

図6 相互トリム例(指示側を残す)
図6 相互トリム例(指示側を残す)

面トリム機能に「相互トリム」の設定を追加しました。「相互トリム」がONの場合は2番目に指示した面もトリムの対象となります。2番目の面のトリム結果は、1番目と同様にオプションの「残す側を定義する」の設定に従います(図6)。

おわりに

今回ご紹介した機能以外にもVer.5.7では、Modelerのクラスパネルにおける操作性を向上させる機能など、お客さまのご要望にお応えした改良を実施しています。今後も、お客さまの声を大切にし、より良いシステムやサービスを継続してご提供していきます。

また、沖縄マニファクチャリングラボでの研究成果であるSpace-E/CAMの特殊隅取り機能、5軸加工機能にとどまらず、新しい機能の研究、開発を行いSpace-E/CAM、Manufacturing-Spaceに反映していく予定です。

― この記事に関連するソリューション ―