NTT DATA — Trusted Global Innovator

株式会社NTTデータエンジニアリングシステムズ

No.78 システム紹介

トータルソリューションのご提案(4)
PDMを活用した鍛造解析向けトータルソリューション

はじめに

私たちは、お客さまへのさらなる付加価値創造のご提案活動を加速するために「新たなるソリューション」を開発、展開していく方針でこれまで3回にわたり、いろいろな提案をご紹介してきました。

過去の3回は、

でした。

今回の「トータルソリューションのご提案」が最終回となり、4回目のご提案としてPDMを活用した鍛造解析の有効利用についてご紹介します。

鍛造現場での経験や知識を伝達するために

鍛造製品の製造工程は、お客さまから支給される図面やモデルデータを基に、金型設計、金型製作、トライ成形を経て量産となります。

短納期で量産まで進めるには、企業ノウハウや経験豊富な技術者の経験や知識がさまざまな場面で必要となります。

人とシステム No. 76「トータルソリューションのご提案(2)」でもご紹介しましたフロントローディングを実現するために、ここでは、鍛造解析ソフトウエアSimufact.forming(以下、Simufact)を利用した事例とPDMによる情報共有・ノウハウ蓄積についてご説明します。

解析を利用した早期の問題解決

図1 鍛造解析の事例
図 1 鍛造解析の事例
上:充填不良あり 下:充填不良なし
(クリックすると拡大画像が表示されます)

歯車の製造において、解析を利用した事例について説明します。まずは、事前に素材成形を行わず解析を行います。

結果として、図1(上)のように充填不良となりました。

次に、経験者の意見を聞きながら事前に素材成形を行って、解析を実行しました。すると、図1(下)のように充填不良がなくなり成形されました。

このように、Simufactを利用することで、事前に問題を把握でき、さらに経験者のノウハウにより早期の問題解決につながります。

要するに、解析による事前検証を行う場合、経験者の高い知識や見解が重要なポイントになります。

PDMによる情報共有・ノウハウ蓄積

図2 Manufacturing-Space(PDM)の活用
図2 Manufacturing-Space(PDM)の活用
(クリックすると拡大画像が表示されます)
図3 PDM 利用による設計事前検索
図3 PDM 利用による設計事前検索
(クリックすると拡大画像が表示されます)

それでは、経験者の知識をPDMへ蓄積し、社内の誰もが簡単に活用できるような仕組みづくりのご提案です。私たちがご提供しているクラウドサービス「Manufacturing-Space(PDMサービス)」を利用し、企業ノウハウや各工程の技術情報の蓄積および、その活用についてご説明します(図2)。

PDMは、営業情報から設計・生産情報までを一元管理できます。事例として、金型設計を例にあげます。

金型設計を始める前に、PDMを活用して過去において同様な案件を検索します。その検索するキーワードは、お客さまの仕様に合わせて、顧客、製品タイプなどをPDMに設定できます。

検索して過去に同様な案件が見つかれば、設計の初心者でも経験者が蓄積した情報を流用できるので、従来同様の設計が可能となります。

また、当時の解析条件などの情報もPDMで管理しておけば、その解析結果を活用することで、金型設計のフロントローディングにより設計ミスの防止と時間短縮が実現できます(図3)。

このように、PDMを幅広く活用することで、いろいろな使用用途が広がります。単にデータを管理するだけでなく、管理しているデータを将来に生かす取り組みができます。

Manufacturing-Space(PDMサービス)は、インターネット環境で簡単にファイルの検索や閲覧が可能です。また、設計者が社外や別工場に出張の際もインターネット環境さえあればManufacturing-Space(PDMサービス)を活用できます。

Simufact.formingオプション製品のご紹介

図4 Simufact.formingオプション
図4 Simufact.formingオプション
(クリックすると拡大画像が表示されます)

Simufactは、基本パッケージ(2D/3Dの解析と型応力の解析)の他にさまざまなオプションがあります。ここでは一部をご紹介します。

sheet metal

シートメタルオプションに含まれる専用メッシャーを使った厚板金属加工のシミュレーションにより、短時間で、より正確なスプリングバックの予測が可能です。

rolling、ring rolling

ローリングやリングローリングオプションに含まれる専用リングメッシャーにより、断面が楕円状になるような場合でも、安定した回転成形のシミュレーションが可能です。複数の工具や素材も容易に配置できます。

cogging

コギングオプションでは、素材や工具に対して、回転・前進・後退など複数の運動を容易に定義できます。

また、グレンサイズの予測も可能です。

おわりに

ソリューション営業統括部では、お客さまと一緒に最適なシステム構築および運用を検討し、お客さまが求める効果を実現するために、さまざまなご提案を行っていきます。

お困りのことがあれば、ぜひお近くの営業所へご相談ください。

― この記事に関連するソリューション ―