人とシステム

季刊誌
NTTデータエンジニアリングシステムズが発行する
お客さまにお役に立つ情報をお届けする情報誌です。

No.55 | システム紹介
Space-EとDr.工程との連携
設計部門から製造部門へ、情報伝達の正確性アップと時間短縮のご提案
株式会社シー・アイ・エム総合研究所
常務取締役 システム営業部長 秋山 浩樹
株式会社NTT データエンジニアリングシステムズ
PLM事業本部 営業統括部
東日本営業部 東日本技術サポートグループ
グループマネージャ 細谷 秀孝
営業企画部 生産技術システムグループ
グループマネージャ 海老澤 修

はじめに

昨年秋のリーマン・ショック以降、かつてないほどのペースで世界的不況となりましたが、ここにきて経済の回復傾向の兆しが見えてきたとマスメディアなどでは報じています。

しかし、その兆しも製造業の大半ではなかなか見えてこないのが実情ではないでしょうか。

このような状況でも、金型メーカ各社様はさまざま対策を実施され、その中には以前から取り組まれている以下の課題も含まれていると思います。

  • 高コスト
    海外への移行、付加価値を付け高い技術力で受注確保している。
  • 人材育成(技術継承)
    熟練者のノウハウをデジタル化し、技術継承を実現しつつある。
  • 極まる短納期
    生産工程の見直しなどにより、納期短縮に対応。

極まる短納期の課題

極限まできている短納期に対応するため、解析システムの導入などで手戻りを少なくするよう、生産工程の見直しなどを実施されている企業様も多いかと思いますが、さらなる改善に向けては、次のような問題点があるのではないでしょうか?

  • 工程管理者の問題点
    急に設計変更が入りスケジュールを変更しないといけない...。
    本来予定していた作業を、どこに持っていけばよいだろうか?
  • 設計者側からの問題点
    加工現場との打合せに時間がとられてしまう。
    加工現場でもCADデータを見てもらえたらよいのに...。
  • 加工現場からの問題点
    設計者との打合せに時間がとられてしまう。
    現場にCADを導入するには高価で、コストアップにつながってしまう。

Space-E とDr.工程との連携

以上のような工程管理の問題解決に、工程管理システム『Dr.工程PRO/Dr.工程lite』(以下、Dr.工程)がお役に立ちます。

Dr.工程は、金型製造業をはじめとした個別受注生産に特化した工程管理システムで、金型メーカ、大手メーカの工機部門を中心に550拠点の導入実績があります。

また、英語版、中国語版のリリースにより国内外の製造拠点の受注から完成・納品までの進捗・原価を一元管理することができます。

Dr.工程は、図1のように個別受注生産現場が抱える問題を解決します。

さらに、CAD(設計)と連携することで、前述の設計者と加工現場の問題点を解決します。
Space-Eには、クラス情報のデータとクラス単位でのDDDファイルを出力する機能があります。この機能を使うことで、Dr.工程と連携が可能になり、NDESが提供するフリーソフトのDDDビューワを使い、加工現場の作業者または工程管理者自身で、CADデータの参照・寸法計測ができるようになります。(図2)

Dr.工程はこんな問題も解決
図1 Dr.工程はこんな問題も解決
(上図をクリックすると拡大図が表示されます)
データの流れ
図2 データの流れ
(上図をクリックすると拡大図が表示されます)

その操作方法について説明します。
Space-Eで[編集・プロパティ]-[形状評価]-[DDDファイル出力]を実行します。(図3)

図4の赤枠内のウィンドウが表示されます。Dr.工程へ渡したい情報(必要項目)にチェックを入れて出力ボタンを押すと、部品番号などのcsvファイルとDDDファイルが作成されます。

Space-Eのコマンド
図3 Space-Eのコマンド
Space-E
図4 Space-E"DDD ファイル出力"コマンドのウィンドウ

このファイルをDr.工程にインポートすると、部品番号(部品名)とDDDファイルがDr.工程へ取り込まれます。(図5)

Dr.工程の実績入力(パート図)画面でDDDファイルアイコンをダブルクリックするとCADデータを参照できます。これで、加工現場の担当者や工程管理者は、形状の確認や寸法の確認ができます。(図6)

Dr.工程の工程入力画面
図5 Dr.工程の工程入力画面
Dr.工程からCADデータの表示
図6 Dr.工程からCADデータの表示

このようにSpace-EとDr.工程を連携させることで、以下のような効率化が図れます。そして、極まる短納期の問題点のさらなる改善につながります。

  • 工程管理における入力ミスの低減。
  • 工程管理システムから形状や寸法を確認できるので、うっかりミスの低減。
  • 設計者と加工現場の打合せ時間の短縮。

おわりに

日本の強さは『ものづくり』であり、製造業の復活なくして日本経済の復活はありえないと考えています。
製造業の復活には、競争力強化、効率化、コスト削減に取り組むことが必要です。

これらを実現するにはITの活用が必要不可欠です。
今回ご紹介した内容はその一部であり、NDESはさまざまな側面からITで製造業を支援していきます。

関連するソリューション

関連するソリューションの記事

2020年04月01日
Manufacturing-Space® Version 4.5
新機能のご紹介
2020年04月01日
大連永華技術有限公司と中国における代理店契約締結
-日軟信息科技(上海)有限公司の閉鎖について-
2019年10月01日
Manufacturing-Space® Version 4.4
サービスインのお知らせ
2019年07月01日
Space-E Version 5.8リリースのお知らせ
~自動化に向けて進化する~
2019年06月26日
金型設計・製造業界向けCAD/CAMシステム「Space-E」
最新Version 5.8をリリース
2019年04月01日
Space-E
マルチスレッド技術による
特殊隅取りモーフィングモードの高速化
2019年01月01日
CAD/CAMシステムオンラインサポートサイト
e-support リニューアル公開のお知らせ
2018年10月01日
Space-E Version 5.7リリースのお知らせ
~5軸加工機能の強化と特殊隅取りの改善~
2018年10月01日
金型設計・製造業界向けCAD/CAMシステム「Space-E」
最新Version 5.7をリリース
2018年10月01日
ものづくり業界向けクラウドサービス
「Manufacturing-Space®
最新Version 4.2をサービスイン
2018年04月01日
沖縄マニファクチャリングラボの取り組み
5軸加工機能の強化および実用化に向けて
2018年04月01日
NTTDATA (Thailand) co., ltd. 活動報告
2017年04月01日
Space-E Ver.5.6リリースのお知らせ
~沖縄マニファクチャリングラボの研究成果を反映~
2017年01月01日
5軸加工への取り組み
沖縄マニファクチャリングラボにおける
5軸加工機能の技術開発
2016年07月01日
第1回 名古屋 設計・製造ソリューション展
出展報告
2016年04月01日
Space-E Version 5.5リリースのお知らせ
~生産準備業務の効率化を目指す~
2016年02月22日
ものづくり業界向け「オートサーフェス」サービスを提供開始
2016年01月01日
沖縄マニファクチャリングラボにおける
5軸加工機能の技術開発
2015年10月01日
Manufacturing-Space® Version 3.0サービスインのお知らせ
統合型クラウドファイル管理サービス
「データコンシェルジュサービス」の開始
2015年07月01日
Space-E Version 5.4 リリースのお知らせ
~まずは削ることから刷新~
2015年07月01日
トータルソリューションのご提案(4)
PDMを活用した鍛造解析向けトータルソリューション
2015年04月01日
トータルソリューションのご提案(3)
NDESがご提案するトータルソリューションとは
2015年01月01日
マニファクチャリングラボ(沖縄)の取り組みについて
2014年10月01日
Manufacturing-Space® Version 2.0リリース
~あらゆるデータをいつでもどこでも、もっと自由に!~
2014年10月01日
トータルソリューションのご提案(1)
STLの活用例
2014年10月01日
CAXA社との協業について
2014年07月01日
Space-E Version 5.3 リリースのお知らせ
2014年01月14日
クラウドサービス「Manufacturing-Space®
PDMサービスの「Web」と「iPad」閲覧機能の拡充
2014年01月01日
Manufacturing-Space® Version 1.5リリース
~あらゆるデータをいつでもどこでも、もっと自由に!~
2013年10月25日
金型業界初のクラウドサービス
Manufacturing-Space®の提供を開始
~あらゆるデータをいつでもどこでも、もっと自由に!~
2013年09月25日
金型業界初のクラウドサービス「Manufacturing-Space®
10月1日サービス開始
2013年07月10日
東南アジア地域における
Space-E販売代理店の支援強化について
2013年04月01日
安倍首相がオバマ大統領に贈ったパターは、
Space-Eをご利用いただいています
「有限会社 山田パター工房」様が製作したパターです
2013年02月25日
Space-E Version 5.2 をリリースしました。
新機能の詳細は、人とシステムの記事をご覧ください。
2012年01月01日
導入支援レポート(第11回)
Space-E/Moldにおけるカスタマイズについて(2)
2011年10月01日
Space-E Version 5.1 新機能のご紹介
2011年10月01日
導入支援レポート(第10回)
Space-E/Moldにおけるカスタマイズについて(1)
2011年10月01日
Space-Eで実現する
デジタルエンジニアリングにおける4つのCサイクル
2011年07月01日
導入支援レポート(第9回)
Space-Eにおけるプレス金型向けユニット部品構築方法(2)
2011年04月01日
Space-E Version 5.0 新機能のご紹介
2011年04月01日
導入支援レポート(第8回)
Space-Eにおけるプレス金型向けユニット部品構築方法(1)
2011年01月01日
5軸加工およびSpace-E/5Axisのメリット
2011年01月01日
導入支援レポート(第7回)
Space-Eによる3次元金型設計を中心としたシステム構築
2010年10月01日
3次元CAD/CAM/CAE一体型システム
Space-E/Pressのご紹介
2010年10月01日
導入支援レポート(第6回)
Space-Eによる3次元金型設計の実現(3)
2010年07月01日
導入支援レポート(第5回)
Space-Eによる3次元金型設計の実現(2)
2010年04月01日
Space-E Version 4.9 新機能のご紹介
2010年04月01日
導入支援レポート(第4回)
Space-Eによる3次元金型設計の実現(1)
2010年01月01日
Space-Eの有効活用「電極設計の効率化」
2007年10月01日
Dr.工程PROと販売管理システムとの連携
2005年10月01日
真に金型製造業に役立つ工程管理システムとは~
「Dr.工程lite」を検証する ~
2005年07月01日
Space-E最新バージョンのご紹介
2005年07月01日
「Dr.工程lite」の導入により生産管理が簡単スタート
2005年01月01日
Space-E Version 4.3のご紹介
2004年10月01日
金型製造業向けトータルソリューション「Dr.工程」とは
2004年07月01日
Space-E Version 4.2 Modeler & CAMのご紹介
2004年04月01日
Space-E/Global Deformation Version 1.0のご紹介
2002年04月01日
Space-E Version 3.1のご紹介
2002年04月01日
Space-E/STEPのご紹介
2001年07月01日
Space-E最新バージョンのご紹介
2001年07月01日
Space-E/Mold Version 2.0のご紹介
2000年10月01日
Space-E/SolidCAMの紹介
2000年07月01日
Space-E/Moldのご紹介
2000年04月01日
Space-E Version 2.1 のご紹介
1999年10月01日
WindowsNT版 製図支援システム Space-E/Draw のご紹介
1999年07月01日
Space-E Version 2.0 最新機能紹介と今後の展望
1999年01月01日
Space-Eのご紹介